« インデックス(新書) | トップページ | 『逆襲の地平線』 逢坂剛 »

『ならずものがやってくる』 ジェニファー・イーガン

元パンク・ロッカーの音楽プロデューサー・ベニーと、その部下である35歳のサーシャという盗癖のある女性が登場し物語がはじまる。ふたりに関わる多くの人たちに焦点があたる12章からなっていて、すべての章に別の主人公が当てられている群像劇である。
およそ50年という時間軸のなかを行きつ戻りつしながら、ニューヨーク、サンフランシスコ、アフリカ、ナポリと舞台が変わる。そして、視点も三人称だったり、一人称だったり、あえて二人称だったりして、さらに、サーシャの娘がパワーポイントのスライドだけで書いた日記の章や、ページを上下に分けて下に長い注釈を載せた章のように実験的な試みもなされている。音楽を通して見える現代社会の人間模様が多彩な切り口で語られている。
横溢せんばかりの著者の才能が感じられる短篇集である。

ならずものがやってくる (ハヤカワepi文庫)
ジェニファー・イーガン/谷崎由依
ハヤカワepi文庫  2015年✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎
売り上げランキング: 462,927

べニーは、高校生の頃、モヒカン・ヘアーのパンク・ロッかーだった。その後、辣腕の音楽プロデューサーになっている。ベニーの下で働くサーシャは、盗癖があり心理治療を受けている。今は、ベニーには息子がいて、妻はベニーの浮気の気配を察知している。
17歳の頃家出してナポリにたどり着いたサーシャは、買春して泥棒して生き延びてきた。今は、外科系の医師と結婚してふたりの子供の母親として暮らしている。
若い頃ベニーの面倒をみていたルーは、いざこざを生み出し続ける種類の男であり、幾度かの結婚に失敗し、今は2度目の脳卒中を患い病床に臥している。

波乱の日々を送った者にとって、時間はならずものだという。それがタイトルの由来だ。
本書は、2011年のピューリッツアー賞を受賞している。→人気ブログランキング

« インデックス(新書) | トップページ | 『逆襲の地平線』 逢坂剛 »

ピューリッツアー賞」カテゴリの記事

短篇」カテゴリの記事

翻訳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151032/66700829

この記事へのトラックバック一覧です: 『ならずものがやってくる』 ジェニファー・イーガン:

« インデックス(新書) | トップページ | 『逆襲の地平線』 逢坂剛 »