« 『虎よ、虎よ!』アルフレッド・ベスター | トップページ | 『マジカル・ヒストリー・ツアー ミステリと美術で読む近代』 門井慶喜 »

『白墨人形』 C.J.チューダー

30年前の少年時代のノスタルジックな思い出のなかに、解決したはずの殺人事件が蘇る。
1986年と2016年の今を、行きつ戻りつ交互に書かれて物語は進んでいく。
現代ホラーの帝王スティーヴン・キングが本書を強力に推薦している。主人公たちが年上の不良に襲われるところは、キングの『スタンド・バイ・ミー』と同じ設定だ。

白墨人形
白墨人形
posted with amazlet at 18.07.28
C・J・チューダー/中谷友紀子
文藝春秋
2018年5月 ✳︎✳︎✳︎✳︎

12歳の夏、エディにはいつも行動をともにしている4人の仲間がいた。
その仲間とは、太り気味のファット・ギャヴ、歯列矯正中のメタル・ミッキー、ミッキーには不良の兄がいる。シングルマザーの息子ホッポ、牧師の娘である赤毛のニッキー。エディはニッキーに淡い恋心を抱いていた。
エディたちはチョークで棒人形の絵を書いて秘密のやり取りをしていた。

みんなで、移動遊園地に出かけたときに事故が起こった。「ワルツァー」の座席が外れて少女の顔に当たり、顔半分がえぐり取られ足は切断された。
その時、迅速に対応したのは、新任のハローラン先生だった。ハローラン先生は白墨のように真っ白なアルビノだった。

ファット・ギャヴの誕生パーティでエディの父親が牧師を殴りつけた。理由は、エディの母親の産婦人科診療所への堕胎反対運動を、牧師が煽っていたからだ。
パーティに集まったプレゼントの中に、色とりどりのチョークが入ったバケツがあった。チョークを送ったのはハローラン先生だった。

そして、ミッキーの兄が亡くなり、少女の妊娠騒ぎが起きた。エディたちは森で少女のバラバラ死体を見つけるが、頭部はついに発見されなかった。

30年たった今、エディは母校の英語教師となっていた。
そんなエディのもとに、事件のことを書きたいとミッキーが訪ねてくる。
そこから物語は急展開していく。

一人称で書かれたミステリの強引さが現れた作品といえる。
主人公しか知らない事件に関わる重大ななぞを、最後の最後になってから明らかするのは、フェアではないだろう。それを割り引いたとしても、少年の不安定な心の内や、バランスが崩れていく友達との微妙な関係が、実によく書けていて傑作である。→人気ブログランキング

« 『虎よ、虎よ!』アルフレッド・ベスター | トップページ | 『マジカル・ヒストリー・ツアー ミステリと美術で読む近代』 門井慶喜 »

ミステリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151032/66994637

この記事へのトラックバック一覧です: 『白墨人形』 C.J.チューダー:

« 『虎よ、虎よ!』アルフレッド・ベスター | トップページ | 『マジカル・ヒストリー・ツアー ミステリと美術で読む近代』 門井慶喜 »