« 『AV女優、のち』安田理央 | トップページ | 『サピエンス異変―新たな時代「人新世」の衝撃』ヴァイバー・クリガン=リード »

『生物学探偵セオ・クレイ 森の捕食者』

モンタナの山中で若い女性生物学者が殺された。近くで調査を行っていたセオ・クレイ教授に容疑をかけられ警察に連行されるが、女性を襲ったのは熊と断定され、教授は放免される。殺された女性はセオのかつての教え子・ジェニパーだった。

生物学探偵セオ・クレイ: 森の捕食者 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
アンドリュー・メイン/唐木田みゆき
ハヤカワ・ミステリ文庫 2019年4月 ✳8

生物学的なあるいは生化学的なコメントをそこかしこに挟みながら、一人称で述懐するスタイルでストーリーは進む。

ジェニパーの傷の状態から死因に疑惑を抱いたセオは、独自のルートでゲノム検査を行ったところ、ジェニパーを襲った熊はすでに死んでいた。熊の仕業に見せかけた殺人事件であると警察に告げると、まったく取り合ってもらえない。
こうしてセオの孤立無援の捜査が始まる。

セオは生物学者であると同時にコンピュータのプログラマーである。セオが開発したMAATは、無関係なデータの集まり・カオスから、事件を解決する鍵を提供してくれるAIなのだ。手がかりが希薄にもかかわらず、MAATを頼りに仮説を立てていく。
熊に襲われて事故死した若い女性は過去10年で6人いた。一連の事件はシリアルキラーによる犯行ではないかとセオは疑いだす。
セオは、人づきあいがあまり得意でない生活スキルに難がある人物という設定だが、ダイナーの美人ウェートレス・ジリアンの協力を得て、犯人を絞り込んでいく。

犯人の尻尾を掴みかけたもつかの間、セオに自らが犯人として警察に出頭しなければ、セオと親しくしている人間を次々に殺すと脅迫されるに至る。相手は常人の域を超えた凶悪犯であった。
満身創痍になりながら、犯人との壮絶な闘いが展開される。

著者アンドリュー・メインの経歴が特異だ。10代の頃よりサーカス付きのイルージュニスト・マジシャンとして活躍している。
警察署に連行されたセオの目の前に、事件現場の写真29枚が広げられ、その中の6枚をセオが選ぶと、なんで選んだのだと刑事が驚いていう。同じ事件の写真だった。この場面はカードマジックを彷彿させる。
本作は「セオ・クレイ」シリーズの第1作目で、すでに3作まで刊行しているという。

« 『AV女優、のち』安田理央 | トップページ | 『サピエンス異変―新たな時代「人新世」の衝撃』ヴァイバー・クリガン=リード »

翻訳」カテゴリの記事

ミステリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『AV女優、のち』安田理央 | トップページ | 『サピエンス異変―新たな時代「人新世」の衝撃』ヴァイバー・クリガン=リード »