« 『がん検診は、線虫のしごと 精度は9割「生物診断」が命を救う』広津崇亮 | トップページ | 『メインテーマは殺人』アンソニー・ホロヴィッツ »

『読書会入門 人が本で交わる場所』山本多津也

最近、読書会がブームだという。
著者は、2006年、仲間4人で読書会をはじめた。最初に選んだ課題本はカーネギーの『人を動かす』。それまでに受講した経営セミナーでは味わったことのない充足感と高揚感に包まれ、インプットだけでなくアウトプットすることの効果を実感したという。
以後、月に1回、定期的に開催している。ミクシーでコミュニティを立ち上げると参加者が増え、2年で会員数は1000人を超すようになった。


読書会入門 人が本で交わる場所 (幻冬舎新書)

山本 多津也 (Yamamoto Tatsuya
幻冬社新書 2019年9月
売り上げランキング: 5,542

「猫町倶楽部」と名付け、その分科会として映画を語る「シネマテーブル」、美術や音楽芸術一般を扱う「藝術部」、性愛をテーマとする「猫町アンダーグラウンド」、哲学を扱う「フィロソフィア」を立ち上げた。
仮面を付けたり浴衣を着たりのドレスコードを課したり、ゲストを呼んだり、温泉旅行に出かけたりした。
そうした参加者を集めるため努力が実り、今や1年間の参加人数は約9000人、年間イベント回数は200回の巨大読書会コミュニティになった。
猫町倶楽部ではすでに60組のカップルが結婚しているという。

読書会は課題本型を採用している。参加者6~8人で一つのグループを作り、司会役としてファシリテーターを選ぶ。参加者1人ずつに自己紹介と作品の気になったことを話してもらう。1度の読書会で1時間半~2時間をかける。

課題本は、極力、古典や名著を選ぶ。もう一つは、脳が汗書く本、自分だけでは読み終えることが難しい本を、選書することにしているという。基本的に、ベストセラーやエンタメ小説が課題本になることはない。

参加者は参加費と懇親会費を払い、ゲストを呼ぶ場合は料金が上乗せされる受益者負担。ただし、運営はすべてボランティアが行い、3回以上会に出席した経験がある人をサポーターと呼び、その中からボランティアを募る。
会運営の方針は、合議制にせず、テーマは著者がすべて決める。会則を明文化しない。来る者は拒まず、会員の囲い込みをしない。
参加者に課せられることは、他人を批判しない。もうひとつ、ネットで議論しない。ネットでは議論が苛烈になり過ぎる。

読書会入門 人が本で交わる場所/山本多津也 /幻冬社新書 /2019年9月
翼を持つ少女 BISビブリオバトル部 上下/山本弘/創元SF文庫/2016年
猫町倶楽部のサイト

« 『がん検診は、線虫のしごと 精度は9割「生物診断」が命を救う』広津崇亮 | トップページ | 『メインテーマは殺人』アンソニー・ホロヴィッツ »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『がん検診は、線虫のしごと 精度は9割「生物診断」が命を救う』広津崇亮 | トップページ | 『メインテーマは殺人』アンソニー・ホロヴィッツ »