« SDGsー危機の時代の羅針盤 南 博・稲葉雅紀 | トップページ | タリバン 田中 宇 »

「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。 藤吉 豊・小川真理子

文章術の本100冊から大事な順に、ベスト40位までをピックアップした。1位から7位で、「文章の向上」を実感でき、20位まで身につければ、「文章がうまい人」になれて、40位まで身につければ、なんと「プロ級の書く力」が手に入るという。
680015ae269144ef8ac4899f0fe483f8「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。
藤吉 豊・小川真理子 
日経BP
2021年
1位:文章はシンプルに 21位:とりあえず、書き始める
2位:伝わる文章には「型」がある 23位:文末の「である」と「ですます」を区別する 
3位:文章も見た目が大事 22位:「何を書くか」を明確にする 
4位:文章は必ず「推敲」する 24位:体験談で説得力を高める 
5位:「わかりやすい言葉」を選ぶ  25位:書き始める前に「考える」 
6位:比喩・たとえ話を積極的に使う 26位:同じ言葉の重複を避ける 
7位:接続詞を「正しく」使う 27位:「見出し」で内容を端的に伝える 
8位:思いつきはメモに、思考はノートにどんどん書く 28位:日頃から内面を豊かに耕す  
9位:「正確さ」こそ文章の基本 29位:同じ主語が続くときは省略してみる
10位:「名文」を繰り返し読む 30位:考えるために書く  
11位:主語と述語はワンセット 31位:テクニックでごまかさない 
12位:語彙力をつけろ、辞書を引け 32位:「一番好きな文章」を見つける
13位:「、」「。」を適当に打たない 33位:的確なインプットでオリジナリティを高める 
14位:段落はこまめに変える  34位:わかりにくいカタカナ語は日本語に 
15位:とにかく書く、たくさん書く  35位:ビジネス文書・論文は「話し言葉」より「書き言葉」 
16位:「わかりにくい」と思ったら修飾語を見直す  36位:ビジネスメールは簡潔さが命 
17位:「書き出し」にはとことんこだわる  37位:イメージまで共有できれば誤解なく伝わる 
18位:「読み手」を強く意識する  38位:発見や違いを盛り込んで文章を「おもしろく」する
19位:「は」と「が」を使い分ける  39位:根拠を示す
20位:名文を書き写す・真似る  40位:過去形と現在形を混ぜると文章がいきいきする 

以下に、なるほどと大いに納得した項目を挙げる。
7位:接続詞を「正しく」使う
〈接続詞は、車のウインカーである。〉という言葉は名言だ。
19位:「は」と「が」を使い分ける
①「は」はすでにわかっていること、「が」はわかっていないことに使う。②「は」がいつも、主語になるとは限らない③「……が」を使っていいのは「逆説」のときだけ。
28位:日頃から内面を豊かに耕す
文章には人間性が出るから、品行方正に生きろということか。
40位:過去形と現在形を混ぜると文章がいきいきする
文章が刺激的になる。
人気ブログランキング
にほんブログ村

「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。/藤吉豊・小川真理子/日経BP/2021年
書くことについて/スティーヴン・キング(田村義進 訳)/小学館文庫/2013年

« SDGsー危機の時代の羅針盤 南 博・稲葉雅紀 | トップページ | タリバン 田中 宇 »

ノウハウ」カテゴリの記事

文章術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SDGsー危機の時代の羅針盤 南 博・稲葉雅紀 | トップページ | タリバン 田中 宇 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ