« シカゴ・ブルース フレドリック・ブラウン | トップページ | 台北プライベートアイ 紀 蔚然 »

オリーヴ・キタリッジ、ふたたび エリザベス・ストラウト 

前作『オリーヴ・キタリッジの生活』では、オリーヴの40歳代から70歳代半ばまでを描いている。オリーヴはアメリカ・メイン州の架空の町クロズビーで、数学の教師として働いていた。大柄な女性で不愛想なところも高飛車なところもあり、おまけにちょっとした癇癪もちだが、驚くほどの正直者。前作ではニューヨークに住む足医の息子との関係が気まずくなった。
そのオリーヴが帰ってきた。本作ではオリーヴの74歳から86歳までを描いている。夫を亡くしたオリーヴは、かつて大学教授だったジャックとつきあうようになりやがて結婚する。
本書は13編の連作短編の形で、オリーヴが中心だったり、ジャックが主人公だったり、あるいはオリーヴやジャックがちらりと顔を出してたりしてストーリーは進む。老いることの悲しさや辛さ、そして喜びが描かれている。
65913f7803184a71ad50959c74a82505オリーヴ・キタリッジ、ふたたび
エリザベス・ストラウト/小川高義
早川書房
2020年 436頁

「逮捕」
74歳のジャックは妻を亡くして6年になる。レスビアンの娘に電話した。バーで1杯やってから帰る途中にスピード違反で警察に捕まった。ちょっとしたことで知り合いになったオリーヴからメールがきた。メールのやりとりで、不倫をしたことまで書いてしまった。

「産みの苦しみ」
オリーヴは、訳のわからないことを口にするジャック・ケニソンと仲良くなった。
オリーヴが、ジャックに電話をかけると家に来ないかという。ジャックは襲わないから泊まっていってくれという。オリーヴは承諾した。眠れなかった。

「母のない子」
息子夫婦が、ニューヨークから3人の子どもを連れて2泊3日で泊まりに来た。
嫁は傍若無人で、子どもたちは上の2人は連れ子で愛想がない。1番下の2歳のヘンリーはオリーヴの亡き夫の名前がつけられて愛想があった。手編みの帽子をプレゼントした。
なんとか2日間が終わり一家が帰る段になって、結婚することになったと息子に言うと、息子は不機嫌になった。ジャックはスポーツカーでやってきた。ジャックが挨拶するが、息子のクリストファーのよそよそしさといったらなかった。一家が帰ったあと帽子が外に捨てられていた。いやはや、難儀な話だ。

「ペディキュア」
ジャック79歳、オリーヴ78歳、11月、1時間ほどのドライヴに出かけた。
取り止めのない話をして、ペディキュアをしたことを話した。オリーヴは体が大きいので、自分で爪を切れなくなったことを悲しんでいた。
オリーヴはよく喋る。それをジャックは聴いている。オリーヴ自身は、相手が興味を持てそうにない取り止めのない話をしていることがわかっている。ジャックは、オリーヴの話を受け入れている。「うひゃあ」とジャックは言って、ジャックの話にオリーヴは「あらら」と相槌を打った。
帰り道にジャックはオリーブと軽い口喧嘩になって。浮気の相手が悪いということで攻撃しあった。家に帰って、一人でウイスキーを飲みながら死んだ妻を思い出した。寝ぼけて、オリーヴにここは自分の家だと諭された。

「詩人」
84歳になったオリーヴは、街のあちこちに顔を出す。ダイナーで朝食を食べていると、郷里出身の女詩人アンドレアを見かけた。オリーヴは席を移って話し込む。詩人は月並みな話には興味を示さない。息子について話すと乗ってきた。
理容室に髪に切りに行くと、アンドレアが交通事故に遭い命に別状はないが重篤だという。翌日雑誌に掲載されたアンドレアの詩を読んだ。そこには、オリーブの言ったことがそのまま書かれていた。
オリーヴはアンドレアのフェイスブックに、「死ななくて良かったね」と書き込んだ。

「心臓」
オリーブは心臓発作を起こして意識がなくなり救急病院のICUにいる。意識を取り戻し、息子が見舞いにきた。息子は優しく接してくれた。
ICUから出て歩行練習が始まって便が出なかった。ガスが出て、ベッドの上で大便を漏らしてしまった。看護師も、主治医も全く驚かない。抗生物質のせいだということになった。
退院すると、4人の介護人が次々と来た。4月のある日の午後、オリーブはポーチに出て腰をかがめタバコの吸い殻を拾おうとして前のめりになって転んだ。冷たい雨が降った。自分にオリーヴ起きなと言ったが、だめだった。
介護人のベティが吸ったタバコの吸い殻を見つめていてそうなったのだ。ベティがやってきたので怒鳴りつけてやろうと思ったけれど 、3人の子を抱えて奮闘している話を聞いて、よく頑張っていると励ました。

「友人」
オリーヴは老人ホームに入った。バーバラが話しかけてきた。食堂に行くとバーバラが手を振った。そのバーバラが死んだ。
イザベルと友達になった。オリーヴは、ときにオムツをするようになって恥ずかしかったが、イザベルのバスルームの棚にも紙おむつが置いてあった。そしてイザベルも死んだ。→人気ブログランキング
にほんブログ村

オリーヴ・キタリッジ、ふたたび/エリザベス・ストラウト/小川高義/早川書房/2020年
オリーヴ・キタリッジの生活/エリザベス・ストラウト/小川高義/ハヤカワepi文庫/2012年

« シカゴ・ブルース フレドリック・ブラウン | トップページ | 台北プライベートアイ 紀 蔚然 »

連作短篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シカゴ・ブルース フレドリック・ブラウン | トップページ | 台北プライベートアイ 紀 蔚然 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ