« 雨・赤毛 モーム短編集Ⅰ サマセット・モーム | トップページ | 放送作家ほぼ全史 誰が日本のテレビを作ったのか 太田省一 »

2022年8月23日 (火)

三星京香、警察辞めました 松嶋智左

著者は元白バイ隊員。2005年に北日本文学賞、2006年に織田作之助賞を受賞。2017年『虚の聖域 梓凪子の調査報告書』で、島田荘司選ばらのまち福山ミステリ文学新人賞を受賞。著書に『貌のない貌 梓凪子の捜査報告書』『匣の人』『女副署長』(2019年)『女副署長 緊急配備』(2021年)『開署準備室巡査長・野呂明良』(2021年)がある(表紙著者紹介より)。
元警察官の視点で描かれる警察小説は、斬新である。
5f708631695b4747af70118ffd34ad97 三星京香、警察辞めました
松嶋智左
ハルキ文庫
2022年6月 317頁

三星京香31歳は176センチ、刑事部捜査一課、後藤班の係員。
刑事部長を殴って辞表を提出し、警察を辞めた。後輩が弱みを握られ、セクハラを受けたことに義憤に駆られ手荒い行動に出た。
辞職の真相を夫にも話さないことで、夫との間が気まずくなり、離婚調停になった。娘つみきの親権を争っている。
京香についた弁護士は、京香の幼馴染で3歳年下の藤原岳人であった。岳人は体が小さくいじめられたときは、京香が庇った。
京香は岳人の所属するうと弁護士事務所のパラリーガルの面接を受けることになった。そして仮採用になったのである。
弁護士の中には警察官を敵対視する者もいる。
警察にいいイメージを持っていない芦沢夢良とペアを組み、岳人が弁護を担当する鹿野省吾が起こした暴行事件の下調べをすることになった。
そして、鹿野の情状証人の羽根木有子が姿を消したのだ。
京香と夢良が羽根木有子を追いかけて新潟県燕市に出かけた夜、岳人が殺された。
警察の捜査とぶつかり合いながら、京香は事件の核心に迫っていく。

人気ブログランキング
にほんブログ村

三星京香、警察辞めました/松嶋智左/ハルキ文庫/2022年6月
開署準備室 巡査長・野路明良/松嶋智左/祥伝社文庫/2021年9月
女副署長 緊急配備/松嶋智左/新潮文庫/2021年5月
女副署長/松嶋智左/新潮文庫/2020年

« 雨・赤毛 モーム短編集Ⅰ サマセット・モーム | トップページ | 放送作家ほぼ全史 誰が日本のテレビを作ったのか 太田省一 »

警察小説」カテゴリの記事

ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨・赤毛 モーム短編集Ⅰ サマセット・モーム | トップページ | 放送作家ほぼ全史 誰が日本のテレビを作ったのか 太田省一 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ