« 悪態の科学 あなたはなぜ口にしてしまうのか エマ・バーン | トップページ | 超訳 芭蕉百句 嵐山光三郎  »

2022年9月24日 (土)

脂肪の塊・テリエ館 モーパッサン

『やりなおし世界文学』のなかで、著者の津村記久子は、中学生のときに『脂肪の塊』を読んだという友人がいて、その言い方に険があるように感じられたという。そのことが頭から離れず、読むことを避けていたというエピソードを書いている。
事情は異なるが、『脂肪の塊』は娼婦の話と小耳に挟んでいて、「読まねばならぬ」リストに何十年も挙がっていたものの、つい読みそびれてしまっていたというのが当方の事情だ。それで、『やりなおし・・・』に後押しされ、読んでみることにした。
結論をいうと、「脂肪の塊」も「テリエ館」も面白い。大傑作だ。
6ef6504a6d3541ce8ad0aca69234671c 脂肪の塊・テリエ館
モーパッサン/青柳瑞穂
新潮文庫
1951年 158頁

「脂肪の塊」
脂肪の塊とは、ぽっちゃり型の娼婦のあだ名である。本名はエリザペット・ルーセ。普仏戦争(1870年〜71年)の頃、プロシアに占領されたフランスのルーアンを脱出し港町ディエップに向かう大きな乗合馬車に、彼女は乗っている。居合わせたのは、葡萄酒卸商人とその抜け目のない妻、製紙工場を3つ持っている県会議員とその親子ほどに年の離れた妻、名門の伯爵である県会議員とその妻で、以上は上流階級である。そして民主主義者の男と、修道女が2人。途中馬車は雪の中で立ち往生し、他の客たちが空腹に苦しんんでいるときに、エリザベットはバスケットに入れたご馳走を取り出し、乗客たちに分けてやる。その量が尋常でない。
身分は卑しいが、気前のいいエリザベットはプロシア兵が大嫌いなのだが、馬車はプロシア兵に止められる。乗客たちは拘束から逃れようと恩義あるエリザベットを横柄なプロシアの士官に差し出そうと、説得する。最初は、男たちが控えめに、やがて上品そうだった妻たちが露骨に、そして修道女までもが熱弁を振るうのだった。

「テリエ館」
マダムと5人の女で営まれる大繁盛の娼館の裏事情が披露される。

巻末の解説が「なに言ってんだか」と浮き上がってしまうほど、「脂肪の塊」も「テリエ館」も抜群に面白い。→人気ブログランキング
にほんブログ村

« 悪態の科学 あなたはなぜ口にしてしまうのか エマ・バーン | トップページ | 超訳 芭蕉百句 嵐山光三郎  »

短篇」カテゴリの記事

古典」カテゴリの記事

オールタイム・ベスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 悪態の科学 あなたはなぜ口にしてしまうのか エマ・バーン | トップページ | 超訳 芭蕉百句 嵐山光三郎  »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ