« すべてのことはメッセージ 小説ユーミン 山内マリコ | トップページ | 出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと 花田菜々子  »

2023年2月10日 (金)

黒バイ捜査隊 巡査部長・野路明良 松嶋智左

ぶっ飛んだストーリーだ。
運転免許センターに異動して間もない野路明良は、新設された黒バイ捜査隊の訓練を指導していた。黒バイ隊は所轄や部署の垣根を超えた活動であるから、臨機応変に効率よく素早く動くことができる。白バイ隊は交通違反の取締りが主な仕事だが、黒バイ隊は犯罪を扱う。
その黒バイ隊が追跡した不審車両が事故を起こし、運転していた男が死亡した。
死亡した人物は手配犯で、持っていた免許証は偽造されたものだった。免許証は野路の所属する免許センターで作られた。
751d5bf07a9942adb858505fb86f450e 黒バイ捜査隊 巡査部長・野路明良 
松嶋智左
祥伝社文庫 
2022年9月 347頁

かつて、白バイ隊員であった野路明良は、Y県の白バイ隊を全国一に導いた。しかし交通事故に遭い右手に軽い後遺症を負った。二輪車への思いは消えることなく、ボランティアで古巣の白バイ隊員を指導することを続けていた。それが黒バイ隊まで広がった。

免許センターの2階から転落して重症となったセンター長のロッカーから、他人の免許証が数枚出てきた。
不正免許証のデータを調べはじめた白根深雪巡査長の身の安全を気遣い、野路は深雪をバイクの後部に乗せて家まで送ることを続けた。野路と深雪の間に恋が芽生えはじめる。
深雪がパソコンで調べると、免許証作成課の誰かが不正に関わっていることを掴んだ。

不正免許証で海外に出た男を調べたところ、Y大学の元留学生だった。留学生は公安委員長の大里綾子と繋がりがあった。そんなおり大里綾子が何者かに拉致される事件が起こる。

そして新しいセンター長が就任する日、センターに勤務する全員が集合し、知事や新しい公安委員長が列席する挨拶の場に、モトクロス集団が襲来し、知事が狙われ白根深雪巡査長が銃撃されるという、あり得ない事件が起こり、しかも狙撃犯を取り逃すという失態を負う。
野路は狙撃された白根の仇をとろうと捜査に加わろうとするが、免許センターに勤める者にそのような資格はない。
しかし野路は動かずにはいられない。
バイク走行の技術から、犯人像が絞られていく。
そして、ぶっ飛んだ結末が待っている。→人気ブログランキング
にほんブログ村

バタフライ・エフェクト T県警警務部事件課/小学館文庫/2022年
三星京香、警察辞めました/松嶋智左/ハルキ文庫/2022年
黒バイ捜査隊 巡査長・野路明良/祥伝社文庫/2022年
開署準備室 巡査長・野路明良/祥伝社文庫/2021年
女副署長 祭礼/新潮文庫/2022年
女副署長 緊急配備/新潮文庫/2021年
女副署長/新潮文庫/2020年

« すべてのことはメッセージ 小説ユーミン 山内マリコ | トップページ | 出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと 花田菜々子  »

ミステリ」カテゴリの記事

警察小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« すべてのことはメッセージ 小説ユーミン 山内マリコ | トップページ | 出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと 花田菜々子  »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ