ミステリ

『悪女について』 有吉佐和子

一代で財を成した美貌の女性実業家の半生を、27人の証言で描く。それぞれの打明け話により、じわじわと女性の実像が明らかにされていくミステリ仕立ての傑作。  

富小路公子が亡くなった。週刊誌をはじめとするマスコミが、ある事ない事を面白おかしく報道する。なにしろ、公子が出演すれば視聴率が上がると、テレビのワイドショーでは引っ張りだこだった。謎に包まれた大金持ちは、週刊誌にとって格好のネタだ。ネグリジェ姿でマンションから転落した。自殺なのか他殺なのか

Photo_20200516124101  
悪女について 

有吉佐和子
新潮文庫
1983年 ✳︎10  

 

公子は小学生時代は「鈴木君子」という名前で八百屋の娘だった。中学3年の時に父親が進駐軍のジープにはねられて亡くなり。君子と母親は、同級生の女子の家に転がり込んだ。君子は女中としての仕事をこなし、中学を卒業するまでその家にいた。その間に同じ屋根の下で暮らす同級生の兄と親密になり、君子の母親が「娘に手を出した」と騒ぎ出した。

その後、君子は宝石店に勤め夜間は簿記の学校に通った。そこで知り合った学生と同棲し妊娠した。
6年後に同棲相手の男が別の女性と結婚しようと戸籍を取り寄せると、驚くことに男はふたりの男児の父親となっていた。
君子は男の実家に乗り込み、落ち着いた口調でそれとなく慰謝料を請求した。

君子は、その金を元手に不動産で儲け、宝石を扱う商売をして成功し、いつの間にか富小路公子と名乗るようになった。まわりには、華族のご落胤であるかのように思わせた。ゆっくりと落ち着いた口調と上品な所作、それに気配りが行き届いていて人との付き合いはそつがなく、そうした経歴であってもおかしくないと周りの人々に思わせた。公子を悪く言う人物はいない。

ふたりの息子たちは公子が建てた豪邸で祖母と暮らしている。公子は自分をもらいっ子だと息子たちに伝えていた。公子が人に話す生い立ちと真実は異なる。

公子の展開する事業は順調で、自社ビルの屋上階に女性相手の会員制美容クラブを立ち上げた。若いハンサムな男がマンツーマンでマッサージをすることを売りに、セレブ達がこぞって入会する人気のクラブになった。
そしてテレビのコメンテーターとしてマスコミに登場する。

ふたりの息子の述懐で、ことの真相が明らかになっていく。
はたして、公子は悪女なのか?→人気ブログランキング

女帝 小池百合子/石井妙子/文藝春秋/2020年
悪女について/有吉佐和子/新潮文庫/1983年
華岡青洲の妻/有吉佐和子/新潮文庫/1970年

『時の娘』ジョセフィン・ティ

1951年に発表されミステリの古典、安楽椅子探偵ものの名作である。
最悪の王と信じられた15世紀のイングランド王リチャード三世が、この小説によってそう信じるイギリス人の割合が大幅に減少したというのだから、人気小説の影響は侮れない(『マジカル・ヒストリー・ツアー ミステリと美術で読む近代』門井慶喜)。
歴史は確かな証拠がないにもかかわらず、でっち上げられる可能性があるということをテーマにした作品である。
最初のトーマス・モアの『リチャード三世史』の下りは、読み飛ばしてもあるいは読まなくとも、なんら問題はない。

時の娘 (ハヤカワ・ミステリ文庫 51-1)

時の娘
posted with amazlet at 20.03.18
ジョセフィン・テイ/小泉喜美子
ハヤカワ・ミステリ文庫
1977年 ✳︎10

スコットランド・ヤードのグラント警部は犯人を追いかけた際に転んでしまい、大怪我をしてベッドの周りを歩くこともままならない寝たきりの状態にある。まずふたりの看護婦〈ちびすけ〉と〈アマゾン〉を紹介した後、女優のマータが気をまぎわらしてあげようと何枚もの顔写真を持って現れる。

グラントはリチャード三世の肖像画に惹きつけられる。
せむし男、片腕が不自由、罪もないふたりの甥を殺害した男。悪逆の代名詞。ふたりはリチャードがロンドンを留守にしているあいだに殺された。そして妻を捨て、甥たちの姉との結婚を目論んだ。王位に就くためだ。「ロンドン塔の王子たち」の話として有名だ。

マータの紹介でアメリカ人の若い歴史研究者キャラダインが、グラントの手足となって書籍や資料を手に入れるばかりでなく、資料を分析して推理する。
リチャード三世に関して全歴史の聖典になっているトーマス・モアの『リチャード三世史』に書かれていることはすべて伝聞でしかない。
モアという男はリチャード三世のことなど、一つも知っていなかったのだ。なぜならロンドン塔における劇的な会議のシーンが繰り広げられたとき、トーマス・モアはたったの5歳だった。つまり、トーマス・モアの『リチャード三世史』はゴシップで出来上がっているということだ。シェイクスピアはそこから材を得て戯曲『リチャード三世の悲劇』を書いた。
リチャード三世が悪人ではないらしいことがわかったが、ではどうして悪人にでっち上げられたのか。

まず第一にリチャードの短い治世下の出来事について、同時代人が書いた記録を手に入れなければならない。リチャード三世が活躍した同時代に生きた人々の活動を調べることによって、その全貌が明らかになっていく。

捜査の結果、すべてがひとりの王の「きたない」やり方によって事実が歪曲してしまった。それは、現米国政権のオルタナティヴ・ファクトを強引に認めさせるという政治姿勢と変わらない(『ファンタジーランド 狂気と幻想のアメリカ500年史』。という点で本書は今読むべきであると言える。リチャード三世は、シェイクスピアが描いたせむしでも片腕が不自由でもなかった(→しかし、2012年、リチャード三世の墓を暴いたところ、遺骨から脊柱後側弯が見つかったという。歴史は更新されることを示す格好の出来事である)。

本書が歴史上の人物を捜査するというテーマにも関わらず、とっつきにくい内容になっていない。そのひとつの理由は、グラントを取り囲む人たちとのざっくばらんな会話や、看護婦をはじめ一見関係のない人物、例えば美術館の隣にいたじいさんに、リチャード三世についての意見を求めるというような、砕けた状況を描いていることである。→人気ブログランキング

タイトルの「時の娘」とは本書のエピグラフにあるように、古い諺「真理は時の娘」からきている。

→『殺人は女の仕事』小泉喜美子/光文社文庫/2019年
→『マジカル・ヒストリー・ツアー』門井慶喜/角川文庫/2017年
→『時の娘』ジョセフィン・ティ/小泉喜美子/ハヤカワ文庫/1977年

 

『殺人は女の仕事』小泉喜美子

翻訳家でもある著者は、女性探偵ものの名著『女に向かない職業』(P.D.ジェームス)や古典ミステリの名著『時の娘』(ジョセフィン・ティ)などの翻訳で知られている。
8編の短編集。はじめに大胆な設定が示される。「美わしの思い出」では、孫が祖母を殺す場面からはじまる。「殺人は女の仕事」では、はじめの場面で主人公が知人の妻に殺意を抱く。なんとも強烈な出だしだ。短いセンテンスで小気味よく進み、結末には余韻を残す一捻りが控えている。


殺人は女の仕事 (光文社文庫)

殺人は女の仕事
posted with amazlet at 20.03.02
小泉 喜美子(Koizumi Kimiko
光文社文庫 2019年 ✳︎8
売り上げランキング: 668,306

「万引き女のセレナーデ」
男は警察官からデパートの万引き対策の保安員に転職した。1週前に保安員が初犯と見て見逃した万引き女が、若い男と仲むつまじそうに女の下着売り場に現れ、再び万引きを働いた。ふたりは囮で、同じ階で大掛かりな窃盗が行われたのだ。女は警察に逮捕された。保安員と女はそれぞれが好ましく思っていたのだ。

「捜査線上のアリア」
少年は模造がんをポケットに突っ込み暗黒街の花形になる空想を抱いていた。パトカーのサイレンを聞いたときに、本物の犯罪を冒して夜の街に逃げ込みたいと思った。アパートの隣の女の部屋に、刑務所を出たばかりの男が人を殺めたと現れた。男は少年に死体の処理を手伝わせた。少年が遺体との間で殺し合いになったとことにしようと、男がナイフを少年に向けたとき、少年は模造がんを抜いて一目散に逃げた。パトカーに保護を求めた。パトカーの中で、なぜ模造がんを男に向けたのか警察に説明できないと思った。

「殺意を抱いて暗がりに」
理香子は世紀子を殺そうと片手に石を持って暗闇で待ち伏せしていた。世紀子の足音が近づいたと思い、理香子は石を振り上げて襲おうとすると、その人は逃げて行った。翌朝、朝刊には少年Bにより世紀子が刃物でめった刺しにされ死亡した記事が載っていた。少年Bは「相手は誰でもよかった」と供述した。週刊誌の記事に世紀子の殺人事件が載った。「石を持った女が怖い顔で睨んだので殺すのを止めた。その次に通りかかった女を殺した」と少年Bは答えていた。

「二度死んだ女」
月子は大病から何年か経ってカンバックした。今は三流のスナックに毛が生えたような店での出番を控えている。脱いだ服さえ置き場がないようなナイトクラブだ。
月子がステージに立っている間に盗難が発生した。月子は実際に盗まれた金額の10倍を盗まれたと老刑事に言った。そして犯人が捕まって、申告通りの額が手元に入った。老刑事は月子を初めて見たとき、美貌のジャズシンガーの母親だと確信したという。

「毛(ヘアー)」
年に数回、若い男から電話がかかってきて、寝ている良人と赤ん坊をおいて夜の街に出かける。翌朝デートを終えて帰ってくると、良人も赤ん坊も寝たままだった。自分の新しい枕カバーに1本の毛がついていた。布団をまくると新しかったシーツの上に縮れた毛が1本あった。

「茶の間のオペラ」
未亡人の小説家に、嫁いだ娘から電話がかかる。急を要するようだ。すぐに娘の嫁ぎ先のマンションに向かう。姑はべらべら喋り続け、もてなしの品々を並べる。娘は妊娠したという。それを知っておいとますることにする。エレベーターまで姑は見送りに出てきた。階段は下の方が暗く見えた。家に帰ると、嫁が見当たらない。暗い2階に向けて嫁を呼ぶ。

「美わしの思い出」
高2のあや子は小言を言われた祖母のやよいを殴って殺した。祖母は私を監視して小言を言い続けたと供述した。
あや子は学校を辞めてミュージカルのスターになるとやよいに言った。やよいはP劇団の公演会場の楽屋に乗り込む。そこで主役を務める女とかつて応援していた久方光に会う。警察に主役と光が説明にやってきた。やよいはあや子に自由にさせていたと言っていたと二人は説明した。少年院に入ったあや子は一切反省していないという。

「殺人は女の仕事」
滋賀子は編集社の編集担当。新人の小説志望の杉園伸一を紹介されたとき、心にときめくものを感じたと。そして伸一の妻こずえに会ったときに、殺したいと思った。
こずえに意地悪をしてやると志賀子は誓った。伸一にこずえの高校時代の友達から聞いた話を伝える。もちろん悪口だ。それを苦にこずえがマンションの屋上から飛び降りようとするという。→人気ブログランキング

女に向かない職業/P.D.ジェームス/小泉喜美子訳/ハヤカワ・ミステリ文庫/1987年

『拳銃使いの娘』ジョーダン・ハーバー

校門を出た11歳のポリーを待っていたのは、刑務所を出所したばかりの父親ネイトであった。
ポリーは現実を逃避している。ぬいぐるみの熊を抱え、自分は金星から来たとうそぶく。熊は片目がとれ汚れてみすぼらしくなっているが、ポリーの心のよりどころだ。ポリーは熊を生きているように扱う。


拳銃使いの娘 (ハヤカワ・ミステリ1939)

拳銃使いの娘
posted with amazlet at 20.01.07
ジョーダン・ハーパー/鈴木恵
早川書房
2019年 ✳︎9
売り上げランキング: 125,064

ネイトの兄ニックは総合格闘技を身につけていた。ニックは酒場の喧嘩で相手を殴り殺して刑務所に入った。出所してから、〈アーリアン・スティール〉の用心棒におさまった。数年前、盗んだバイクで逃走中、警察に追跡されフリーウェイで激突死した。ネイトは敬愛するニックから男としての生き様を学んだ。

ネイトはニックのお陰で安全な監獄生活を送った。ところが、出所間近になって、〈アーリアン・スティール〉のボスであるクレージー・クレイグの弟を、物の弾みで殺してしまった。クレイブはネイトの暗殺指令を出した。命令はカリフォルニアの闇の社会に、瞬く間に広がった。指令書にはネイトと元妻と娘をナイフで殺し塩を巻くこと、と書かれていた
ネイトが出所したその日に、元妻と新しい夫はナイフで殺された。

ネイトは自分とポリーはどこへ行っても安全でないことを悟った。ならば、ポリーを守るためにこちらから攻めるしかないと決意した。ネイトの作戦は、殺害命令が撤回されるまで、〈アーリアン・スティール〉から麻薬や金を盗むというもの。
ふたりは銀行強盗をに入り金を手にし、〈アーリアン・スティール〉の麻薬製造工場を襲撃する。

ポリーは、トレーニングの腕立て伏せ、首締め、ボクシングを毎日こなし、肉体的にも精神的にも驚くほどの早さで成長していく。そしてネイトとポリーの絆が深まっていく。迫り来る〈アーリアン・スティール〉の刺客と警察をかわして、父娘は生き残こっていけるか。

本書は、2017年、アメリカ探偵作家クラブ賞(MWN賞、エドガー賞)の処女(新人部門)長編賞を受賞している。また、2020年度版『このミステリーがすごい!』の海外編の2位にランクインした。ちなみに『週刊文春』では15位。
解説によると父親と娘の組み合わせは、『子連れ狼』からヒントを得たという。

『11月に去りし者』ルー・バーニー

本作は、『このミステリがすごい 2020年度版』』では6位、『週刊文春』では20位と評価が大きく分かれている。エルモア・レナードを彷彿とさせるノアール小説であり、恋愛小説でもある。ノアール小説は好みが別れるのかもしれない。

1963年11月22日、ジョン・F・ケネディ大統領が暗殺された。
ニューオリンズの暗黒街のボス、カルロス・マルチェロは、自身とケネディ暗殺を結ぶすべての糸を断ち切るために、暗殺に少しでも関わった人物を次々と殺していく。
実在したカルロス・マルチェロは、ケネディ大統領暗殺の黒幕との疑いがある。


11月に去りし者 (ハーパーBOOKS)

11月に去りし者
posted with amazlet at 19.12.19
ルー・バーニー/加賀山卓朗
ハーパーBOOKS
2019年 ✳︎9
売り上げランキング: 43,721

ケイジャン人のギドリーはダラスで狙撃犯の逃走用の車を手配しただけだった。その車を処分した男が殺された。ギドリーは自分にも魔の手が及ぶと読んで、テキサスを脱出しカリフォルニアに向かおうとする。

一方、オクラホマの田舎町でふたりの幼い娘を抱え、飲んだくれの夫に悩まされているシャーロットは、ある日決断した。義父母と夫を捨てて、娘たちと病気の犬を車に乗せ、ロサンジェルスのおばの家に向かったのだ。
国道66号線のニューメキシコ州に入ったところで、雨に濡れた路面でスリップしてしまい、側溝にタイヤがはまってしまう。
ギドリーは、事故に遭い途方にくれているシャーロットたちの脇を車で通り過ぎるときに、アイディアが浮かんだ。チャーロットたちと一緒に行動すれば、殺し屋の目を欺けるかもしれない。

本来なら絶対に接点を持つことのないふたり、ニューオリンズのマフィアの幹部候補生とオクラホマの主婦が出会い、そこに非情の殺し屋が追跡をするという構図である。殺し屋は、ギドリーに専念する前に、不覚にも手をナイフで貫通させられる創を負ってしまい、その創が治りきらないハンディを抱える。

シャーロットの利発でチャーミングな幼い娘たちの存在が、一服の清涼剤となっている。

本作はアンソニー賞、バリー賞、マカヴィティ賞、ハメット賞の4冠に輝いた。
読後の評価は、20位ではなくて、6位あるいはそれ以上だ。→人気ブログランキング

11月に去りし者/ルー・バーニー/加賀山卓朗/ハーパーBOOKS/2019年
ガットショット・ストレート/ルー・バーニー/細美遥子/イースト・プレス/2014年

『メインテーマは殺人』アンソニー・ホロヴィッツ

人気ジュベナイル小説家のホロヴィッツは、コナンドイル財団から公式に認定を受けて、シャーロック・ホームズを主人公にした長編小説『絹の家』を書き上げたばかりであるという、現実のホロヴィッツそのままの設定である。
現実とフィクションが混ざりあって物語は進む。

ホロヴィッツがホーソーンのアドバイスでテレビドラマの脚本を書いた縁で、ホーソーンが捜査する殺人事件を、小説に書いてみないかと持ちかけられる。ただし原稿料はホーソーンとホロヴィッツが折半という、奇妙な条件である。ホーソーンはロンドン警察を退職して、今はロンドン警察から捜査の助言を求められてるという。
まるで、ホーソーンがシャーロック・ホームズで、ホロヴィッツがワトソンのようだ、というのが前置き。


メインテーマは殺人 (創元推理文庫)
メインテーマは殺人

posted with amazlet at 19.10.24
アンソニー・ホロヴィッツ/山田 蘭
創元社推理文庫 2019年9月 ✳︎10
売り上げランキング: 1,389

ふたつの殺人事件の犯人を突き止めるフーダニットものである。
ダイアナ・クーパー未亡人は、自らの葬式の手配を葬儀屋に注文した。その数時間後に、首を絞められて殺害された。夫人の愛猫が行方不明になっている。
メイドには2度の逮捕歴がある。
夫人の息子・人気俳優のダミアンは米国のテレビドラマの主人公を射止めたばかりだ。

10年前、クーパー夫人はゴルフの帰りに眼鏡をかけないで車を運転し、8歳の双子を轢いてしまい、轢き逃げした。ひとりは即死、もうひとりは脳に重い障害を残した。しかし裁判で夫人は罪には問われなかった。
死の直前に、クーパー夫人がダミアンに送ったメッセージは「損傷の子に会って、怖い」であった。

もうひとつの事件は、葬式の場面で奇妙な出来事が引き金となった。
棺にMP3再生機能付き目覚まし時計が仕掛けられていて歌が流れた。それは聞いたダミアンは、葬式の現場から逃げるように、ひとりでアパートに帰った。そこを犯人が襲い、ダミアンは切り刻まれて殺された。

ソーホーンとホロヴィッツは、登場人物に詳細な事情聴取を行ない、事件の焦点が少しずつ絞られていく。
本書の出版を手がける出版社の担当者が登場して、タイトルをどうするかについてホロヴィッツとやりとりする。そうした場面で、読者はフィクションの世界から現実に連れ戻されるような不思議な感覚に陥る。立ち止まって物語を振り返るような感覚である。
仕掛けは細部にわたり縦横に張り巡らされているが、読者を惑わすようなことはなく正々堂々と話は運ばれていく。著者の才能に拍手を送りたい。

メインテーマは殺人/アンソニー・ホロヴィッツ/山田蘭 創元社推理文庫 2019年
007 逆襲のトリガー/アンソニー・ホロヴィッツ/駒月雅子/角川文庫/2019年
カササギ殺人事件/アンソニー・ホロヴィッツ/山田蘭/創元推理文庫/2018年

 

『渇きと偽り』ジェイン・ハーパー

猛暑に見舞われるオーストラリアの田舎町で起きたショットガンによる一家心中事件と、20年前に起こった少女の自殺の真相が解明される。小細工のないストーリー展開に引き込まれる。卓絶な筆力に拍手を送りたい。
2017年、ゴールド・ダガー賞(英国推理作家協会賞)受賞作。

メルボルンから500キロ離れた田舎町のキエワラは100年に一度の干ばつに襲われている。住民たちはほとんど限界に達している。
主人公のアーロン ・フォークはメルボルンの財務情報局に所属する連邦警察官である。幼馴染のルークがショットガンで一家心中したと報じられる。
ルークの父親から、葬式の出席を促す手紙がアーロンに届く。そこには「ルークは嘘をついた。きみも嘘をついた。葬式で会おう」と書かれていた。この言葉は物語の最後まで、とれないトゲのようにアーロンを苦しめる。


渇きと偽り (ハヤカワ・ミステリ文庫)

渇きと偽り
posted with amazlet at 19.10.03
ジェイン・ハーパー/青木創
ハヤカワ・ミステリ文庫
2018年 ✳10

20年前、同じ高校に通うアーロンとルーク、エリーとグレッチェンは行動を共にする間柄だった。ある日、エリーが川の底に沈んで死んでいるのが発見された。アーロンとルークは警察の事情聴取に、兎撃ちをして一緒にいたと口裏を合わせた。アーロンは川の下流で釣りをしていたのだ。
町を暴力で支配するエリーの父親マル・ディーゴンは、父子家庭のアーロンと父親に嫌がらせを繰り返した。アーロンと父親は町に居づらくなりメルボルンに引っ越さざるを得なかった。

20年ぶりに、葬式でアーロンはグレッチェンに会い、町の近況を教えてもらう。葬式が終わったらすぐに帰るつもりだったが、ルークの死に疑問を抱く。
アーロンはレイコー巡査部長とともに非公式な操作をはじめ、住民から情報を得ようとする。
しかし、町の嫌われ者・アルと甥グラウト・ダウの嫌がらせが執拗に繰り返されるが、アーロンは引き下がらない。

灼熱地獄が続くなか、アーロンたちに対し住民がいつ牙を向くかもしれないと、グレッチェンは警告する。それほど、キエワラの町は飽和点に達しているのだ。
そんななか、アーロンはふとしたことから、ルーク事件の真犯人が思い浮かぶ。

『エレベーター』ジェイソン・レイノルズ

エレベーターが地上に着くまでの短い間の物語。
横書きで、行間が大きく空いて、文章が短く、1頁に書かれている文字が極端に少ない。
左揃えだったり右揃えだったり、文字の大きさを変えたり、ゴチックを使ったり、自由自在だ。それぞれのページの背景に異なる図柄が使われている。
短編のミステリであり、詩である。
アメリカ探偵作家クラブ賞(YA部門)、ロサンジェルスタイムス文学賞(YA部門)、ニューベリー賞銀賞など多数を受賞した。


エレベーター

エレベーター

posted with amazlet at 19.09.13
ジェイソン・レナルズ /青木千鶴

早川書房 2019年8月 

売り上げランキング: 22,082

15歳の弟フィルは、「愛する誰かが殺されたなら、殺したやつを見つけだし、かならずそいつを殺さなければならない」という掟に従わなければならない、と信じている。

ショーンの幼馴染のリッグスがショーンを撃ったと思う。
少し前にリッグスは、ダーク・サンズの縄張りに引っ越した。リッグスはそのギャング団に入りたがっていた。
ダーク・サンズの縄張りは、フィルのアパートから9ブロック離れたところにある。アトピーの母さんが使っている石けんを売っている店はちょうどその辺りにある。ショーンはその店に向かった。

フィルは、兄の仇を討ちに兄の拳銃をズボンの後ろに差し込んで、拳銃が隠れるように大きめのシャツを着て、勇んで8階のエレベーターに乗る。
弾が入っているかも確かめなかったし、拳銃を撃ったこともない。
エレベーターが止まるたびに、会えるはずのない人物たちが乗り込んできて、タバコが煙る密室で、過去が語られ、拳銃を持っている理由を問われ、目的を問われ、ハグされたりヘッドロックをかけられたり、拳銃の撃ち方を教わったり、仇討ちを止めろといわれたり、撃ち殺してこいといわれたりする。
フィルは地上に着く頃にはひどくビクつくようになる。

『ポップ1280』ジム・トンプソン

2001年度、『このミステリーがすごい!』1位に輝く作品の新装版。
人口(POP)がたった1280人の町、ポッツヴィルの保安官ニック・コーリーの独白でストーリーは進む。ニックは著しい心配性だと自分で語っていて、口うるさく性悪女の妻マイラとそのうすばかな弟レニーと暮らしている。ニックは自称モテる男で、愛人のローズとも元婚約者のエイミーとも付き合っている。
はじめ、ニックは能無しの保安官の印象だが、そのうちにずる賢く権謀術数に長けていることがわかってくる。
巻末には、トンプスンの評価のきっかけとなった、ジェフリー・オブライエンの『安物雑貨店のドストエフスキー』というタイトルの論文が掲載されている。


ポップ1280(新装版) (海外文庫)

ポップ1280
posted with amazlet at 19.09.10
ジム・トンプスン/三好基好
扶桑社ミステリー 2019年8月 ✳9
売り上げランキング: 109,663

とりあえず、ニックの心配事は町の売春宿に巣食うふたりのヒモだ。それと差し迫った保安官選挙には当選しなければ元も子もない。

ニックは、ポッツヴィルを出て郡庁所在地に向かう。保安官事務所で保安官と助手に会い、淫売宿のふたりのヒモについて相談する。
ポッツヴィルには売春婦が6人いて、その子たちは愛嬌があっていい子なんだが、ふたりのヒモが生意気な口を利き、いつ騒動を起こすかわからない。なんとか事が起きないように手を打ちたいと相談する。
相手に2倍返しをするのだと教えられる。
ニックは、その気になって、ふたりのヒモの腹を銃で撃ち、それまでの自分に対する無礼を顧みればしかたがないと考える。

検事に、相手候補に悪い噂があり町の連中なら誰でも知っているが、それを教えるわけにはいかないささやく。すると悪い噂が次々に生まれ、町中に広まる。検事の妻が誰かに話したのだ。その話が次々に悪い噂を生んで、ついに相手候補は極悪人とまでの噂になった。

その後はニックは愛人の夫を殺し、その罪を黒人になすりつける。対立候補を衆人の前で下卑た噂の釈明を求めて、完膚なきまでに評判を落とさせる。
保安官としての、仕事らしい仕事はしないで、聖書を都合よく解釈し、弱きをいじめ強きに逆らわず、邪魔者は策を弄して殺すことも厭わない。

そんな悪行が周りの人間の知るところになり、口が達者なニックは、あれこれ独善的な理屈を述べるが、もはや辻褄が合わなくなる。
闇の中に加速度を増して沈み込んでいく暗黒小説だ。読み終わるまで手放すことができない、そんな不思議な吸引力をもつ作品だ。

『三体』劉 慈欣

文化大革命では、知的な能力をもつ者は辺鄙な土地に送られ、理不尽な生活を強いられた。辛酸を舐めさせられた人物の復讐心が、人類の存亡に関わる事態を招くことになる。壮大なスケールで描く文句なしの大傑作である。

文化大革命の混乱のなか、高名な理論物理学者が年端もいかない紅衛兵から吊るし上げられている場面から始まる。しかも糾弾するのは思想転向させられた自らも物理学者である妻だ。紅衛兵の暴力により物理学者は死亡し、大学生の娘・葉文潔が残された。

2年後、文潔は内モンゴル地区の巨大な森林の建設兵団に入れられ、開墾事業に従事させられていた。そこで殺虫剤が自然を汚染し生態系を破壊することを書いた告発の書、レイチェル・カールソンの『沈黙の春』を読み、文潔は科学技術の進歩に懐疑的な考えを持つようになった。
文潔はレーダー峰の紅岸プロジェクトに加わる。プロジェクトの目的は地球外知的生命との交信であった。


三体
三体

posted with amazlet at 19.09.02
劉 慈欣
/大森望・吉光さくら・ワン・チャイ 訳
立原透耶 監修
早川書房 2019年7月 ✳︎10
売り上げランキング: 76

場面は40年後の現代に飛ぶ。もうひとりの主人公、ナノマテリアル開発者 の汪淼(おう・ぴょう)が参加した会議には、アメリカとイギリスの軍人とCIAのふたりも混じっていた。リストにある物理科学者たちはこの2ヶ月のうちに立て続けに自殺している。
敵の企みの根底にあるのは、〈科学技術革命は人類社会の一種の病変であり、技術の爆発的発達は癌細胞の急速な拡散と同じく、宿主の体の栄養を枯渇させ臓器を蝕み、ついには宿主を死亡させる〉。つまり科学技術の発展を阻止することが敵の目的なのだ。

汪淼は『三体』のコンピュータ・ゲームに、Vスーツを着て没頭するようになる。そのゲームの舞台は三つの太陽がある三体世界で、文明は滅亡と復興を繰り返す。このゲームは三体協会がプロデュースしたものだった。

汪淼は事の真相を探るべく、癌に侵された葉文潔に会いに行く。
40年前に紅岸プロジェクトに従事していた文潔は三体世界の存在を知り、滅亡と復興を繰り返す文明と、他の恒星系に移住しようとする彼らの計画について知った。文潔は上層部に極秘で、「私たちの文明は、もう自分で自分の問題を解決できない、だからあなたたちの力に介入してもらう必要がある」と送信したのだ。
文潔がプロジェクトに従事している間に、4光年離れた恒星からの返信はなかった。

文潔は父親を殺した紅衛兵に会うことで、宇宙の彼方からより高度な文明を、人類世界に招き入れることに揺るぎない自信をもった。そして文潔は地球三体運動の総司令官を引き受けた。
文潔の考えに心酔したエヴァンスは、父親の膨大な遺産を相続し、紅岸基地と同クラスの高度な通信機器を備えたタンカー船を造った。ところが傍受した三体世界からのメッセージを極秘にして暴走しだすのだった。→人気ブログランキング

三体Ⅱ黒暗森林/劉慈欣/早川書房/2020年
三体/劉慈欣/早川書房/2019年

より以前の記事一覧