科学

『あなたの人生の科学』デイヴィッド・ブルックス

白人の上流家庭に育ったハロルドと、うつ気味の中国系の母親と家に寄りつかないメキシコ系の父親の家庭で育ったエリカの一生をたどりながら、主に人間の意思決定の仕組みを解き明かしていく。著者は、脳科学、社会学、心理学、医学、生物学、遺伝学、政治学、経済学、ギリシャおよびドイツ哲学、小説、戯曲、映画などについての旺盛な知識に基づいて解説を加えていく。

あなたの人生の科学(上)誕生・成長・出会い (ハヤカワ文庫NF)
デイヴィッド・ブルックス
夏目 大 訳
ハヤカワNF文庫
2015年11月 ✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

ジャン・ジャック・ルソーの教育学の名著『エミール』の手法を真似たという。ルソーはエミールと家庭教師のやりとりを通じて幸福とはいかなるものかを論じた。
本書の最大の目的は、人間が幸福になるうえで無意識がいかに重要な役割を果たすかを論じることだという。著者は、日常生活における私たちの行動を支配しているのは意識ではなく無意識であると、無意識の重要さを強調している。
上巻では、ハロルドとエリカが登場する前に、それぞれの両親の出会い、結婚、子育て、そして家庭環境が語られる。

大学を卒業しコンサルタント会社に入社したエリカは、頭脳明晰であっても目の前の問題にうまく対処できない同僚の男たちに愛想をつかす。エリカは一念発起してコンサルタント会社を起業し、大学院を卒業して職に就ていなかったハロルドに出会う。
ここで下巻にバトンタッチされる。

エリカはハロルドをパートナーとして雇い、やがてふたりは恋に落ち結婚する。会社の経営は順風満帆にみえたが、不況によりあえなく倒産してしまう。エリカはケーブルテレビ会社へ就職し、ハロルドは博物館に勤める。エリカが勤めた会社はM&Aを繰り返し大きくなるが、拡大しすぎて経営危機に陥る。エリカはその会社のCEOに就任し、会社を立て直す。
やがて、エリカはマイノリティ出身の優秀な人材を探していた大統領候補の陣営からスタッフとして請われ、選挙運動に加わる。候補の当選後、エリカはホワイトハウスに入り、次席補佐官や商務長官の公職で目覚しい働きをし、ダボス会議にも出席する。
一方、ハロルドはエリカのおかげでホワイトハウスのシンクタンクで働くことになる。ワシントンDCに来てハロルドが気づいたのは、社会学や心理学の最新の研究成果が、政治の世界にはほとんどといっていいほど取り入れられていないことである。
ハロルドはシンクタンクが発行する専門誌にエッセイを連載する。テーマはテロの脅威、軍事戦略、エイズ問題、アメリカの住宅問題など多岐にわたる。ハロルドの目を通じて、著者の理想の社会づくりが語られる。

ハロルドは仕事に忙殺され家を空けるエリカとのあいだに距離を感じるようになり、アルコール依存症になる。エリカは魔がさして不倫に走るが、この危機をふたりはどうにかやり過ごす。ここで著者はエリカの行動を心理学的に分析し、道徳と無意識について触れる。ある行動が道徳にかなうか否かは、直感により反射的に判断されることが多いと説く。

ふたりは引退し、ヨーロッパの名所旧跡を尋ね歩くツアーを企画して、ハロルドがガイドを務める会社を起こす。やがて、それからもふたりは引退し、著者の都合により波乱万丈の人生を送らされる羽目になったエリカは、ハロルドの最期に立ちあうのである。

本書は、早いころに熟読していれば、人生が少し違ったものになっていたかもしれないと思わせる処世の手引書である。

『目の見えない人は世界をどう見ているのか』伊藤亜紗

見えない人は、耳の働かせ方、足腰の能力、さらに言葉の定義などが、見える人と異なる。これを4本脚の椅子と3本脚の椅子の座り方の違いで説明している。3本脚の椅子に座るには、コツがいるし、考え方を変えなければならない。

目の見えない人は世界をどう見ているのか (光文社新書)
伊藤 亜紗
光文社新書
2015年4月 ✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

ドイツの生物学者であり哲学者であるヤーコブ・フォン・ユクスキュル(1864〜1944)は、1930年代に「環世界」という概念を提示した。生き物は、意味を構成する主体であり、この主体は周りの物事に意味を与えて、それによって自分の世界を構成している。この自分にとっての世界が「環世界」であるとした。
生き物は、自分にとってまたそのときどきの状況にとって必要なものから作り上げた、一種のイリュージョンの中に生きているという。つまり、そのときどきの自分の固有の空間にいるということだろう。
著者は「環世界」こそが、見えない人が捉えている世界であるとする。

見える人が見えない人にとる態度には、情報ベースと意味ベースがある。
情報ベースとは福祉のこと。見えない人はどうやったら見える人と同じように生活してゆくことができるかに、関心が集中しがちである。
意味ベースとは、見える人と見えない人が対等で、差異を面白がる関係である。
見えない人の行動を凄いという評価ではなく面白いと評価することで、お互いが対等に語り合えるという。

たとえば、見えない人の部屋は片付いている。理由は簡単、物がなくなると探すに大変だ。使ったものは必ず元の場所に戻す。頭の中のイメージに合うように物理的空間をアレンジしている。

見えない人には視点というものがないので、視点に縛られることない。見える人には視点があるから必ず死角がある。

見えない世界でサーチライトの役目をするのは足。「さぐる」「支える」「進む」というマルチな役割をしている。見えない人の体とは、サーチ能力と平衡感覚を日々鍛えている体である。説得力のある説明である。
ブラインド・サーフィン、合気道、ブライン・ドサッカーの具体的な事柄を説明する。

著者がこうした分野に興味をもったのは、専攻した「美学」によるという。「美学」は芸術や感性的な認識について哲学的に探求する、言葉にしにくいものを言葉で解明する学問である。本書では、言葉にしくい事柄をわかりやく説明している。

『元素生活』寄藤文平

日常生活では、存在を思い浮かることが皆無に近い元素について、固苦しい化学の発想にとらわれず、脱力系のイラストで楽しんでください。そして、暮らしを元素のレベルの目線から見ると、別の世界がありますというのが、本書の要旨。

元素生活(文庫版)
元素生活
posted with amazlet at 15.10.01
寄藤文平(Yorihuji Bunpei
化学同人 文庫版 
2015年3月

「水兵リーベ・・・」の元素周期表は、縦にグループになるように配列されている。
グループは「族」と呼ばれ、「族」の構成メンバーを髪型、髭、衣服で序列つけている。
「族」が暴走族を連想させるので、イラストにヤンキーぽいキャラクターがいて、情けない裸やブリーフ姿やふんどし姿の下っ端に見える元素もいる。
元素の特徴を捕まえた説得力のあるイラストなので、ニンマリしているうちに、この時点でとりあえずの111個の元素たちが、頭に入ってくるかもしれないという寸法。

あとがきによると、日本のほか8カ国で外国語版が発売されているとのこと。
この本を世界の人たちに紹介したい気持ちは大いにわかる。
2009年発刊の単行本の文庫化。→人気ブログランキングへ

『言葉の誕生を科学する』小川洋子× 岡ノ谷一夫

小説家・小川洋子と脳科学者・岡ノ谷一夫との言葉の起源に関する幅広い視点からの対話集である。

岡ノ谷は言葉の起源に「前適応説」を採用している。
「前適応説」とは、たとえば鳥の羽はもともとは飛ぶことではなく、暖かいことが適応的であったと考えられている。ところが、羽が十分に生えてきて飛ぶという機能が新たに生まれてきたというもの。
言葉も同じように、言葉とは関係のない、ほかの機能のために進化してきたいくつかが組み合わさることで、新しい機能として言葉が生まれてきたとしている。

言葉の誕生を科学する (河出文庫)
小川洋子(Ogawa Yoko) × 岡ノ谷一夫(Okanoya Kazuo)
河出文庫
2013年11月

人間の言葉は生殖行為を前提として生まれたとする。
つまり異性を誘うときにいろいろな歌をうたった。たくさんの音を上手に組み合わせるヤツが異性から人気があった。狩のときに歌うヤツの周りに友達が大勢集まってきた。食事のときとかいろんな状況で歌をうたう。歌をお互いに学びあい共通する部分ができてきて、歌の一部が具体的なものを示すようになり、単語のような働きを持つようになり、単語の出てくる順番みたいなものつまり文法が生まれてくる。これが岡ノ谷が提唱する「歌起源説」である。

学会の多勢が信奉しているのは「単語起源説」である。しかし単語を組み合わせ文法がどうやって生まれてくるのかが説明されていないと、岡ノ谷は「単語起源説」の欠点を指摘する。その点、「歌起源説」は歌をうたっているうちに単語も文法も出てくるという説で、説得力があると主張する。

人間以外に言葉を操作することを学ぶ動物は鳥とクジラであるという。
オウムや九官鳥は教えれば言葉や文章をしゃべる。
その理由は、小鳥たちは基本的に人間と同じ耳のフィルターを持っていて、われわれの協和音は彼らにとっても協和音だという。鳥のさえずりが、一般に人間に心地が良いのは美意識が共有できているからで、それは耳がほぼ同じ仕組みだからだという。

このほか、「ミラーニューロン」、「フェルミのパラドックス」、眼輪筋が情動の中枢から制御を受けているゆえに「目は口ほどに物をいう」、外国語を習得しづらい理由などが語られる。→ブログランキングへ

『二重らせん』ジェームス・D・ワトソン(江上不二夫・中村桂子訳)

本書は、フランシス・クリックと共にDNAの二重らせん構造を発見したジェームズ・ワトソンが書いた。1953年に論文を科学雑誌『ネーチャー』に投稿するまでの数年間が、スピード感のある少し興奮気味の文章で綴られている。論文の発表当時、ワトソンは弱冠25歳、週末にはパーティで女の子を物色するような年頃だった。
1962年に、ワトソンとクリックはDNAのX線写真を解析したモーリス・ウィルキンズとともにノーベル生理学医学賞を受賞している。

二重らせん (講談社文庫)
ジェームス・D・ワトソン(江上不二夫/中村桂子訳)
1986年3月

このDNAの二重らせん構造の発見にはデータの剽窃疑惑があり、その観点から本書を読むのも一興である。
疑惑とはワトソンとクリックがDNAの構造解明に、ウィルキンズの同僚であったロザリンド・フランクリンが撮影したDNA結晶のX線写真を正当でない手段で手に入れたことである。彼女が撮った鮮明なX線写真はDNAの構造を解明するには不可欠であった。
ワトソンが書くロザリンドは、かなり癖のある女性で、ウィルキンズとの関係はうまくいっていなかったという。ワトソンに対しては攻撃的で暴力をふるおうとしたこともあったと書いているが、果たしてそうだったのか。彼女は1958年に37歳の若さで亡くなっている。

ワトソンとクリックには剽窃疑惑の他にも批判される点があったと思う。
彼らはコツコツ実験を積み重ねたわけではない。ワトソンはヘモグロビンのX線写真を撮るために馬の血液を採取し凍結させる作業をしたことがあったが、失敗に終わってしまい、X線を撮る作業ができなくなった。そのことについて、無駄な実験をしなくて済んで、失敗して良かったと不埒なことを書いている。
彼はDNAの構造解明に役立ちそうな研究をしている研究者のところに顔を出し、おしゃべりをして情報を集めていた。
一方、クリックは大声で一日中でもしゃべっているような人物であると書かれている。クリックはアイディアを他の研究者に盗用されたと大騒ぎし、主任教授との仲が険悪になったこともあった。
ふたりは分子模型を業者に作らせて、ああでもないこうでもないとやって、あるときワトソンがひらめいたのが二重らせん構造だった。このキリギリス的な研究姿勢にライバルたちは反感を抱いたのではないだろうか。

本書は1968年に発刊された。草稿の段階でクリックをはじめ、ワトソンが席をおいた研究室の教授であったローレンス・ブラッグ卿、ウィルキンズ、DNAの構造の研究で先陣争いを繰り広げた物理化学者の大御所ポーリング・ライナスたちが、事実と異なるとして書き直しを求めたという。特に共同研究者のクリックは書かれた内容に対し怒りをあらわにしたという。
また、ウィルキンズとともにDNA結晶のX線写真の研究をしていたロザリンドについては、この時すでに他界していたが、記述に悪意が感じられ事実と異なるとの指摘がされた。
ワトソンは幾分修正を加えたものの、ロザリンドに関する箇所は書き換えることなくそのまま出版したという。
本書が発刊された後、本書の登場人物や伝記作家らが剽窃疑惑に言及した書籍を出版している。→ブログランキングへ

『ダークレディと呼ばれて 二重らせん発見とロザリンド・フランクリンの真実』ブレンダ・マドックス(鹿田昌美訳/福岡伸一監訳)化学同人 2005年
『二重らせん第三の男』モーリス・ウィルキンズ(長野敬/丸山敬訳)岩波書店 2005年
『DNAに魂はあるか―驚異の仮説』フランシス・クリック(中原英臣訳) 1995年
生物と無生物のあいだ』福岡伸一 講談社現代新書 2007年

『スノーボール・アース』 生命大進化をもたらした全地球凍結 ガブリエル・ウオーカー

スノーボール・アース: 生命大進化をもたらした全地球凍結 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
ガブリエル ウォーカー
川上紳一 監修  渡会圭子 訳
早川ノンフィクション文庫
2011年10月10日
ISBN987-4-15-050375-8

こんなに刺激的でワクワクさせる科学ノンフィクションには、そうお目にかかれない。

地球が誕生したのは46億年前、生物が生まれたのが35億年前、先カンブリア時代は地球が生まれてからの40億年間である。
地球の歴史の90%を占めるこの時代に、何の変化も起こらなかったとされる。
つまり、生命の進化の歴史にとって暗黒の時代である。
藻類やアメーバーのような単細胞生物が進化することなく地球上に生存していた。
カンブリア紀に入ると、多細胞生物が爆発的に出現して、凄まじい速度で進化が始まった。
なぜ、前カンブリア時代には進化が起こらなかったのか。そして、カンブリア紀になって爆発的進化が起こったのはなぜか。

この謎を解く鍵は、先カンブリア時代に潜んでいるのではないかと、本書の主人公ポール・ホフマンは考えた。
その鍵とは、ポールが提唱する「スノーボールアース説(全地球凍結仮説)」である。
前カンブリア時代は地球が氷で覆われていた時代がかなり長くあったという説である。
最近あった何回かの短い氷河期のことではない。

本書は、スノーボールアース説を信念をもって提唱し続けるポールとその先駆者たち、そして同時代のこの仮説に反対の立場をとる人たち、あるいは賛成する人たちのノンフィクションドラマである。いずれも強い個性の持ち主ばかりだ。

スノーボールアース説は、主に「ドロップストーン」「炭酸塩石」「石に含まれる磁性物質」についての研究に基づいて構築されている。
ドロップストーンは氷河にえぐり取られた石であり、前カンブリア時代のドロップストーンが赤道付近で発見されている。
炭酸塩石は温かい海で作られる。炭酸塩石の層のあいだにアイスロックがあれば、その地層はある時期に氷に覆われていたことになる。
石は生まれた場所に固有の地球の磁場の特性を帯びているので、磁性を調べればその石の素姓がわかる。
先カンブリア時代の終わりに磁性の強い鉄鉱石が世界中に見られる。この原因は氷、海が凍っていれば空気から遮断される。そのあいだに海底火山から鉄分が海に溶け出し、氷が溶けて海水が空気に触れれば、一気にさびて鉄鉱石の層が生まれる。

巨大隕石の衝突による恐竜滅亡説も大陸移動説(プレートテクトニクス)も、はじめは馬鹿げたものだと思われていたが、今や受け入れられているように、スノーボールアース説もやがて受け入れられるだろうと著者はいう。