アクション

『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』

スターズ・アンド・ストライプス大佐(ジム・キャリー)の癖の強いキャラクターとマザー・ロシア(オルガ・カーカリナ)の大女としての存在感、さらにファック・マザー(クリストファー・ミンツ=プラッセ)の無邪気な凶悪さとナイト・ビッチ(リンディ・ブース)の過剰でない色気がいい。キック・アス(アーロン・テイラー=ジョンソン)とヒット・ガール(クロエ・グレース・モレッツ)の凸凹コンビがうまく絡んで、過剰に下品なものの、大いに笑える成り切りヒーロー物になっている。
万華鏡のようにカラフルなのが印象的である。

キック・アス ジャスティス・フォーエバー [DVD]
Kick-Ass 2
監督:ジェフ・ワドロウ
脚本:ジェフ・ワドロウ
原作:『Kick-Ass 2』『Hit-Girl』マーク・ミラー/ジョン・ロミータ・Jr
音楽:ヘンリー・ジャックマン/ マシュー・マージェソン
イギリス アメリカ 2013年 103分 ★★★★★

__2

キック・アスは高校生のデイブが扮する成り切りヒーロー。
キック・アスはSNSで知り合った大佐が率いる「ジャスティス・フォーエバー」に加わり、グラビティー・マンやナイト・ビッチたちとともに、町をパトロールし悪を駆逐する。

__4

そんなある日、メンバーは中国系の売春クラブに乗り込み、麻雀卓をぶち壊し女たちを救い出す。 このシーン、宝石箱をひっくり返したようにカラフルである。

__5

一方、前作でキック・アスにバズーカ砲で父親を殺されたレッド・ミストは、日焼けマシンで母親を感電死させてしまう。財産を相続したミストはニューヨークで一番金持ちの高校生になる。これを機にマザー・ファッカーと名乗って、膨大な資金で殺し屋を集め、キック・アスに復讐しようと、和訳がためらわれる「トキシック・メガカンツ」を結成する。

__

手始めに、大女マザー・ロシアは難なく大佐を殺し、キック・アスの恋人ナイト・ビッチを負傷させ病院送りにする。

__10

前作で警察官の父・ビッグ・ダディを亡くし、父の友人に引き取られたミンディは高校1年生の普通の女の子として生きようと、ヒット・ガールを封印していた。
ある日、ミンディは上級生からのいじめの洗礼を受け、夜の森に一人置き去りにされる。その仕返しに、彼女は、触れられるとたちどころに嘔吐し下痢でのたうちまわる「ゲリゲロ棒」を、上級生にお見舞いする。

マザー・ファッカーの手下たちが町で暴れ、警察はコスプレ愛好者を一斉に検挙するが、デイブの代わりに捕まった父親が、拘留中にマザー・ファッカーが送った刺客に殺されてしまう。
「トキシック・メガカンツ」が埋葬の現場を襲ったことで、ミンディは堪忍袋の緒が切れて、ヒット・ガールの封印を破り戦うことを決意するのだった。

__9

そして、キック・アスとヒット・ガールのたち善玉軍団は、マザー・ファッカーの悪の巣窟に乗り込んで、善玉軍団と悪玉軍団の入り乱れての壮絶な戦いが始まる。

___2

本作の見所は、大佐の強烈な個性と、ゲロゲリ棒の威力と、大女マザー・ロシアの圧倒的な強さである。ボディビルで鍛えたマッシィヴな筋肉はすごい。
最後は水槽の底で、満を持して死んだふりをしていた人食いザメの出番がやってきて、水槽に落ちてきたマザー・ファッカーを襲う。それは第3作への布石であるらしい→ブログランキングへ

→【2014.08.08】『キック・アス』(2010年)

『レザボア・ドッグス』

レザボア・ドッグス [DVD]
Reservoir Dogs
監督:クエンティン・タランティーノ
脚本:クエンティン・タランティーノ
音楽:カリン・ラクトマン/主題歌:ジョージ・ベイカー「リトル・グリーン・バッグ」
アメリカ  1992年  100分 ★★★★☆

ギャングたちの宝石店襲撃は警察にばれていて、警察のイヌ探しでお互いが銃を向けあい、ついには引き金を引いてしまうというストーリー。
ストーリーと関係のない会話がそこかしこに入り込むものの、話の運びはスムースで斬新。これが、タランティーノのその後の作品にも見られるパターンである。女性は出てこない男だけのギャングストーリー。
タイトルのReservoir Dogsの意味は、掃き溜め(貯水池)の犬たち。
なお本作は、イギリスの雑誌『エンパイア』(2011年)が選んだインディペンデント(インディーズ)映画ベスト50のトップに輝いた。

1306194

不都合なことが起こったときに警察に素姓がばれないという理由で、ボスがメンバーを色で呼ぶことにした。ところが、Mr.ピンクはピンクは嫌だパープルにしてくれと駄々をこねる。『サブウェイ・パニック』(ジョセフ・サージェント監督 、1974年)でも、実行メンバーが色で呼ばれているとのこと。
メンバーを色のあだ名で呼ぶところは、『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(村上春樹著)にも出てきた。

1306191

レストランで、タランティーノ演じるMr.ブラウンが、マドンナの「ライク・ア・ヴァージン」についてのしょうもない薀蓄をたれ、その横ではボスの手帳をMr.ホワイト(ハーヴェイ・カイテル)が取り上げて、ボスが返せというのを返さない、そんな小学生のようなことをやっている。後に、タランティーノに対し、マドンナは「セックスの歌ではなくて、恋の歌よ」と書いたCDを彼に送ったという。
ボスが、「オレが食事代を払うから、お前たちはチップを1ドルずつ出せ」というと、Mr.ピンク(スティーヴ・ブシェミ)が嫌だという。マクドナルドではチップを払わないのに、レストランで払うのは変だと、Mr.ピンクが屁理屈をいう。高卒の女性の就職ナンバーワンの職業がウェートレスなのは、チップの実入りがバカにならないからだと誰かがいう。その構図を崩さないためにも譲歩しろという。結局、Mr.ピンクも1ドル払って決着する。
というようなストーリーと関係のない会話が交わされ、これから宝石店を襲撃する緊張感は微塵もない。

1306192

彼らは警察が待ち伏せしていることを知らずに宝石店に押し入り、ふたりが射殺される。そのあと逃走用に奪った車の運転手にMr.オレンジが腹を撃たれ、後部座席に血まみれでのたうち回るMr.オレンジ(ティム・ロス)をその車に乗せて、Mr.ホワイトは待ち合わせの倉庫にたどり着く。そこにMr.ピンクが現れ会話が始まる。さらに、警官たちに銃を乱射したMr.ブロンド(マイケル・マドセン)が現れ、メンバーに紛れた警察のイヌ探しが始まる。ひと騒動あってからボスとその息子(クリス・ペン)が現れ、最後はMr.ピンクを除いて、お互いの銃で撃ちあって死んでしまうという結末。

1306193

ストーリーと関係のない会話がプロットとうまく絡み合っていて、ラジオのDJのトークや流れる音楽もタランティーノ監督ならではの凝りよう。→ブログランキングへ

『ミレニアム2 火と戯れる女』

ミレニアム2 火と戯れる女 [DVD]
Flickan som lekte med elden
監督:ダニエル・アルフレッドソン
脚本:ヨナス・フリュクベリ
原作:スティーグ・ラーソン
スウェーデン デンマーク ドイツ 2009年 130分 ★★★★★

前作『ドラゴン・タトゥーの女』では、リスベット・サランデル(ノオミ・ラパス)よりもミカエル・ブルムクヴィスト(ミカエル・ニクヴィスト)が登場する場面が多かった。本作ではリスベットが大活躍する。
スケールの大きなストーリーに魅了される一本。

1305142_1

海外放浪の旅からストックホルムに戻ってきたリスベットは、自らの保護観察記録書を確かめる目的で、かつてレイプされその仕返しに下腹部にタトゥーを刻んだ後見人のヴュルマンの部屋に忍び込みんだ。少女時代に起こした障害事件で精神病院に強制入院させられたリスベットは、退院後は後見人の監視下で生活せざるをいない立場にある。リスベットは机の引出しにあった拳銃でヴァンゲルを脅し、「問題ない」と書くよう脅した。これがリスベットにとって不覚であった。ヴァンゲルが復讐を企てたのだ。

一方、雑誌社ミレニアムでは、駆け出しジャーナリストのダンが調べた少女売春に関する記事が準備がされていた。
その記事は、売春規制の法案作成に携わった役人や警察官、弁護士、ジャーナリストなどの名前が連なったスキャンダラスなものだった。やがてダンと恋人が銃殺され、発見された凶器はリスベットの指紋のついたヴァンデルの拳銃であった。直ちに、警察はリスベットを容疑者として指名手配した。

1305142_3

リスベットの無罪を信じるミカエルは彼女に接触し、ふたりで事件の調査を進めるが、少女買春の被害者達は報復を恐れて口を開こうとしない。彼女達が恐れているのは「ザラ」という人物であった。
何十年も前にスウェーデンに亡命したソ連のスパイが、冷戦時代にはもてはやされた。冷戦が終結したあと、スパイの存在の隠蔽をもくろむ公的機関の弱みに漬け込んで、その人物はモンスター化していった。それがザラだった。

1305142_4_2

やがてリスベットはザラの居場所を突き止め単身乗り込んでいく。
そして、バイクに乗った悪党達や、巨漢の金髪男がリスベットを待ち受ける。

リスベットは華奢ながら、持ち前の感のよさと敏捷さで、仕掛けられた罠を回避し敵の攻撃をかいくぐっていく。リスベット自らが罠を仕掛けるという大胆さで巨悪と戦う痛快な終盤が待っている。→ブログランキングへ

→『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女

『ツーリスト』

ツーリスト [DVD]
ツーリスト [DVD]
posted with amazlet at 12.11.10
The Tourist
監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
脚本:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク/ジュリアン・フェローズ/ジェフリー・ナックマノフ
製作:ゲイリー・バーバー/ロジャー・バーンボーム/ジョナサン・グリックマン/ティム・ヘディントン/グレアム・キング
製作総指揮:ロイド・フィリップス
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
主題歌:MUSE「Starlight」
製作国:2010年  アメリカ合衆国 103分 ★★★★☆

派手なアンジェリーナ・ジョリーと渋いジョニー・デップの2大俳優の共演、間違いなく楽しめる作品。

_1_2

パリのカフェでくつろぐエリーズ(アンジェリーナ・ジョリー)のもとに、バイク便が届く。「8:33リオン発の列車に乗り、僕の体型に似た男を探せ」との恋人アレキサンダー・ピアースからの手紙である。ピアースは国際指名手配されている人物。

_2

エリーズは、列車なかで冴えない風体のフランク(ジョニー・デップ)の前に座る。フランクは、アメリカ人のツーリストで、職業は数学の教師、2年前に妻を亡くしたと言わなくてもいいことまでしゃべってしまう。
フランクは、誰かに見張られているような気がするとエリーゼに言うが、その通り、警察がふたりを見張っているのだ。。
ベネチア駅に到着して、ふたりは別れたはずなのに、船で運河を移動するエリーズが道を歩くフランクに声をかけ、フランクは船に乗り込む。

_3

ふたりは、エリーズが常宿にしている超高級ホテルのスイートルームに入る。しかし、そうそううまくはいかない。フランクはソファーで一夜を過ごすことになる。
翌朝、エリーゼはいなくなっていて、取り残されたフランクはマフィアのショーの手下に踏み込まれる。ピストルの弾をよけながら屋根づたいに逃げるが、フランクは地元の警察に拘束されてしまう。

_4

ここで、ピアースがスコットランド・ヤードとショーに追われている理由を説明すると、ロンドンで巨額の税金を滞納した罪でピアースは国際指名手配されていて、スコットランド・ヤードのアチソン警部(ポール・ベタニー)が行方を探している。アチソン警部はピアースの恋人であるエリーズを見張っていればピアースが現れると踏んでいる。
さらに、ピアースがショーの手下であった頃、ショーの金をかっさらって雲隠れした。ショー一味は、ピアースが整形手術を受けてフランクに成り代わっていると思っている。
もうひとつ付け加えると、ショーはイギリス人であるが、手下はロシア人。007へのオマージュだ。
エリーズはスコットランド・ヤードの凄腕諜報部員。彼女はフランクを巻き込んでしまったことを反省しているが、今さら遅い。

_5

またもやピアースからエリーゼに手紙が届き、彼女は上流階級のダンスパーティに現れる。人騒がせなほど派手な出で立ちのエリーゼは、会場にいたピアーズらしき男の跡を追いかけるうちに、ショーの手下に捕まってしまう。
ショーはエリーズに金のありかを吐かせようと脅すのだが、なかなか口を割らない。そこに、警察が拘束していたはずのフランクが現れて、思わぬ方向に話は進むのだった。

いわゆる「秘密の暴露」、ピアースでなければ知り得ないことが、最後の最後に明かされる。それをバラしてしまうと、この映画の面白さは吹っ飛んでしまう。

流れるクレジットを眺めながら、そうだったのかと納得するのだが、やがてかなり無理な設定ではないか思うようになる。
まあ、エンターメントだから、こんなストーリーもありかな、ということに落ち着く。
007シリーズへのオマージュがところどころに見られる、「女番007」だ。

2005年のフランス映画「アントニー・ジマー」のリメイク。


映画(全般) ブログランキングへ

『フライトプラン』

フライトプラン [DVD]
フライトプラン [DVD]
posted with amazlet at 12.10.20
Flightplan
監督:ロベルト・シュヴェンケ
脚本:ピーター・A・ダウリング/ビリー・レイ
製作:ブライアン・グレイザー
製作総指揮:ロバート・ディノッツィ/チャールズ・J・D・シュリッセル
音楽:ジェームズ・ホーナー
製作国:2005年  アメリカ合衆国  98分 ★★★★☆

仕事先のベルリンのアパートで、1週間前に夫が転落死した。カイル(ジョディ・フォスター)は6歳の娘のジュリアとともに、夫の遺体をベルリンから故郷のニューヨークまで飛行機で運ぶことになった。
ジュリアは父親の死以来、人目を避けるようにしている。タクシーに乗るときに、カイルのスカートの中に隠れたくらいである。

この人に見られたくないジュリアの行動は、航空機内で起こるジュリア行方不明への布石である。

1210201

ジュリアの質問に、「飛行機はE474型、世界最大のジャンボジェット、私が作ったのよ」と航空機設計士のカイルは答える。

カイルの職業が、本作の鍵になる。

カイルとジュリアは飛行機に一番乗りして、次々に乗り込んでくる乗客を眺めていた。
離陸して3時間が経ちカイルが仮眠をとっている間に、ジュリアがいなくなった。客席を隈なく探しまわるが、ジュリアは見つからない。
ジュリアを見たという搭乗員も客もおらず、バッグに入れたはずのジュリアの搭乗券は見当たらない。
さらに、搭乗記録にはジュリアの名前はないと告げられる。

1210202

そんな筈はないと、航空保安官のカーソン(ピーター・サースガード)が制止するのも聞かず、機長のリッチ(ショーン・ビーン)に捜索を迫る。機長の指示の下、乗客を客に座席に座らせ徹底的な捜索が行なわれるがジュリアは発見されない。
やがて乗務員から、ジュリアは夫と共に6日前に死亡したという信じがたい知らせがもたらされる。

1210203

パニックに陥りそうなカイルに、機長は「睡眠薬は飲んでいるか、精神安定剤は常用しているか」と訊く。カイルは「ときに睡眠薬を飲むし、1週間前に夫が死んで安定剤を処方してもらった」と答える。
すべてはカイルの妄想だと判断され、彼女は機長から逮捕命令を下された。カイルは手錠をかけられ、カーソンの監視下におかれることしなる。
しかし、カイルは諦めず孤独な戦いを開始する。

1210204

このあとのスケールの大きな展開が本作の見どころである。
航空機設計士であるカイルだからこそ、トイレの天井に貨物室があることを知っているし、そこへはどうやったら行けるかも頭の中に入っている。
犯人との壮絶な戦いで、ジャンボ機の構造を知り尽くしていることが、彼女に有利に働くのである。

神経質そうでいて大胆なジョディ・フォスターの演技は、サスペンス映画によく似合う。

【ジョディー・フォスター出演作品】(サイト内リンク)
おとなのけんか(11年)
フライトプラン(05年)
告発の行方(88年)
タクシー・ドライバー(76年)

【ピーター・サーズガード出演作品】
17歳の肖像(2009年)
エレジー(2008年)
フライトプラン(2005年)
ニュースの天才(2003年)


映画(全般) ブログランキングへ

『シャーロック・ホームズ』

シャーロック・ホームズ [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-11-23)
原題:Sherlock Holmes
監督:ガイ・リッチー
製作国:イギリス  アメリカ オーストラリア 2009年
日本公開:2010年3月12日

19世紀末のロンドンが舞台。
ホームズ(ロバート・ダウニー・Jr)は、黒魔術の儀式を行い若い女性を次々と殺害したブラックウッド卿(マーク・ストロング)を逮捕した。
ブラックウッド卿は、必ず生き返って殺人を繰り返すとホームズに宣戦布告する。
絞首刑が施行され、ワトソン(ジュード・ロウ)医師が死亡を確認したはずのブラックウッド卿が墓から蘇り、再び殺戮を始める。
ブラックウッド卿の野望は、自らが国を掌握し、かつての大英帝国の植民地を奪還し、アメリカを手中に入れ、世界を我がものにすることである。
自らに同調する有力者たちを修道会に集め、誓いの儀式を行なった。
野望を実現するために、大量殺戮機械、兵器、毒薬、解毒薬を部下に開発させていたのだった。

本作のホームズは不潔で自分勝手、ワトソンの婚約者メアリー(ケリー・ライリー)に対し、彼女の過去を暴くという無礼をはたらき、顔にワインをかけられてしまう。
彼はブラックウッド卿が蘇ったカラクリを、得意の推理で解き明かす。彼は練達の武闘家であり、頭脳的な動きで悪党どもをなぎ倒おす。
元軍人のワトソン医師も仕込み杖を使って、ホームズの危機を救う。
敵か味方か判然としないアイリーン(レイチェル・マクアダムス)もホームズ側について、ブラックウッド卿にたち向う。
脚本を担当したライオネル・ウィグラムのコミックノベルに基づいているとのこと。
コナンドイルの原作とは異なるアクションものになっている。

次作『シャーロックホームズ シャドウゲーム』に登場するモリアティ教授の影がチラついている。

【2012.04.17】『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』

『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
ワーナー・ホーム・ビデオ (2012-07-04)
原題:Sherlock Holmes A Game of Shadows
監督:ガイ・リッチー
制作国:アメリカ  2011年
ジャンル:アクション アドベンチャー  ミステリ
公開:2012年3月10日
★★★★

ガイ・リッチー監督の『シャーロック・ホームズ』シリーズ第2弾。

1891年、ヨーロッパでは連続爆破事件が起こっていた。
新聞はアーナキストの仕業と書きたてるが、ホームズ(ロバート・ダウニー・Jr)は、モリアティー教授(ジャレッド・ハリス)の企てであると推理していた。
折しも、ワトソン(ジュード・ロウ)の結婚式を控えた前日、社交クラブに潜入したホームズは占い師の女シム(ノオミ・ラパス)と出会う。シムは事件の鍵を握っていて命を狙われていた。
ホームズはワトソン夫妻のフランスへの新婚旅行に同伴するが、新婚旅行とは名ばかりで、ワトソン夫妻の命が狙われ、助けようとするホームズも危機一発の目に合う。
捜査を進めるホームズはワトソンとシムとともに、イギリス、フランス、ドイツ、そしてスイスへと次々に国をめぐり、事件の核心に迫っていく。
モリアーティ教授は、ヨーロッパの歴史を変えてしまうほどの悪巧みを画策していたのだった。
天才的な頭脳を持つホームズの頭の中で謎解きは行われていく。
武闘派でもあるホームズは超人的身体能力で敵を蹴散らす。
ミステリよりは、アドベンチャー・アクションもののカテゴリーに入る。
2009年の『ミレミアム ドラゴン・タトゥーの女』のリスベット・サランデル役でブレークしたスウェーデン出身のノオミ・ラパスのジプシー女がいい。エキジチックで、ヤンキー風でどこか健気な役柄にピタリとはまっている。

→ 【2012.05.17】『シャ-ロック・ホームズ』