邦画

『恋の罪』

雨の夜、渋谷円山町のラブホテル街の安アパートで、首から上と下腹部から大腿までの2か所が、マネキンで置き換えられた腐乱死体が発見される。
この猟奇殺人事件の背景が明かされストーリーが展開されていく。
三人の主人公が過激な裸の演技を見せる。女性の〈性欲〉がテーマ。

恋の罪 [DVD]
恋の罪
posted with amazlet at 15.07.29
Guilty of Romance
監督・脚本:園 子温
音楽:森永泰弘
日本  2011年  144分 ★★★*

現場に駆けつけたのは辣腕と評判の女刑事吉田和子(水野美紀)。
夫と娘の三人で一見平和に暮らす和子は、夫の後輩に暴行された過去があり、性的なトラウマを引きずっている。

Photo

一方、菊池いずみ(神楽坂恵)は売れっ子作家と結婚したものの、夫に盲目的に仕える奴隷のような生活から抜け出せないでいる。豊満な肉体を持て余しているかのよう。
いずみはスーパーのソーセージ売り場のパートを始める。

母親との確執からか、母親がいうように隠微な父親の血を受け継いだせいか、大学教授の尾沢美津子(富永真)は、夜は円山町界隈で売春婦としておぞましい生活を送っている。
「愛のないセックスは金を取る」が美津子の口癖。
大学で講義を受け、美津子の主張に傾倒したいずみを、美津子は売春婦に引き込もうとする。→人気ブログランキングへ

【園子恩監督の作品】
TOKYO TRIBE(2014年)
地獄でなぜ悪い(2013年)
希望の国(2012年)
ヒミズ(2012年)
恋の罪(2011年)
冷たい熱帯魚(2011年)
ちゃんと伝える(2009年)
Make the Last Wish(2008年)
愛のむきだし(2008年)
エクステ(2007年)
HAZARD(2006年)
気球クラブ、その後(2006年)
紀子の食卓(2006年)
Strange Circus 奇妙なサーカス(2005年)
夢の中へ(2005年)
ノーパンツ・ガールズ 大人になったら(2004年)
自殺サークル(2001年)

『紙の月』

かつて、日本で三大銀行詐欺横領事件が起こった。
三大事件とは、滋賀銀行事件(1973年、9億円)、足利銀行事件(1975年、2億1000万円)、三和銀行事件(1981年、1億8000万円)。
いずれも女性銀行員が横領した金を男に貢ぐという、本作と同じパターンである。
原作は角田光代の同名小説。主演の宮沢りえは、第38回日本アカデミー賞(2015年2月)の主演女優賞を受賞した。

紙の月 DVD スタンダード・エディション
紙の月DVD
posted with amazlet at 15.06.11
Pale Moon 
監督:吉田大八 
脚本:早船歌江子
原作:『紙の月』角田光代 
2014年  日本 126分 ★★★★

1994年、梅澤梨花(宮沢りえ)はパートから契約社員に昇格した。
美人だから上司の覚えがいい。窓口係(大島優子)から、服装や装飾品が派手になると目をつけられると教えられる。
ベテラン事務員(小林聡美)は、ルール違反やミスに厳しく目を光らせるお目付け役。

150611_2

梨花には子供がおらず、夫(田辺誠一)と平凡で穏やかな日々を送っているが、心は満たされていない。
独居老人の家で顔を合わせた孫の大学生・光太(池松壮亮)と、梨花は関係をもってしまう。
化粧品を買ったところ持ち合わせの金額が足りず、梨花は客からの預かり金を借用する。
銀行に戻って、自分の口座から1万円を引き出し元に戻した。これが引き金だった。

梨花は、学費を借金をしている光太に200万円を渡す。
銀行には顧客からの定期の申し込みがキャンセルになったと報告して、手にした200万である。
顧客には、ゴミ箱の証書を拾いアイロンをかけてシワを伸ばし、渡したのである。

そんな折、夫は上海へ転勤することになったが、梨花は同行しなかった。
やがて、家にコピー機を持ち込み、プリントゴッコで実印を偽造し、パソコンで架空の金融商品のチラシを作り、横領する額はエスカレートしていった。
こんなことが続くはずもない。ある日、お目付け役は書類の不備が頻発していることに不審を抱く。人気ブログランキングへ

『地獄でなぜ悪い』

ヤクザの組同士の抗争に家族愛を絡め、映画作りをテーマに展開するストーリー。

__2

地獄でなぜ悪い スタンダードエディション [DVD]
地獄でなぜ悪い [DVD]
posted with amazlet at 14.07.09
Why don't you play in hell?
監督:園子恩(En Shion
脚本:園子恩
音楽:園子恩/井内敬三  主題歌:「地獄でなぜ悪い」星野源
日本 2013年 130分 ★★★★★

_2_2

ヤクザ夫婦の愛娘・武藤ミツコ(原菜乃華/二階堂ふみ)は、TVコマーシャルの人気子役である。
ミツコの父親・大三(國村隼)の留守中に、大三の命を狙いに4人の池上組のヤクザが自宅に押し入る。台所で調理をしていた大三の妻・しずえ(友近)は包丁で3人を刺殺し、池上(堤真一)に重傷を負わせた。しずえは警察に自首し、10年の懲役となる。
命をとりとめたは池上は、帰宅したミツコの、血の海の惨状にまったく動揺することのない毅然とした態度に、惚れて込んでしまう。
そして武藤組と池上組の、やってやり返す抗争は、10年間延々と続いた。

__3

一方、一生に一度まともな映画を撮りたいと願っている、映画人なら誰でも抱く夢を、高校生の映画オタク平田(長谷川博己)たちは、果たせずに10年が過ぎてしまった。
アクションスターを目指していた佐々木(坂口拓)は、『キル・ビル』のユマ・サーマンと同じ黄色のつなぎを着て、ブルー・スリーの動きを真似ている。

__4

しずえの出所を10日後に控えて、大三はしずえの夢であるミツコ主演の映画を作ろうと手を尽くす。そこに、ひょんなことから、ミツコに1日だけ恋人になるように脅された通りすがりの橋本(星野源)が、ミツコとともに武藤の組事務所に連れてこられ、橋本は映画監督を命じられる。
死か監督を引き受けるかの選択を迫られた橋本は、映画バカの平田たちに応援を仰ぐのだった。待ちに待ったチャンスが転がり込んできたと奮い立つ平田は、ヤクザの本物の抗争を撮ることを決意する。
平田は「武器は日本刀のみ飛び道具禁止」の抗争ルールを決める。
そしていよいよ両組が入り乱れての抗争が始まる。

__5

平田の思惑通り、血を血で洗う大迫力の惨劇となるわけだが、ヤクザがいつまでもルールを守っているはずがなく、ルール違反のピストルが発射され、抗争は収集がつかなくなる。このあたりは、クエンティン・タランティーノの『キル・ビル』を彷彿とさせるシーンである。
大迫力の地獄絵が撮影できたことに、平田は喜々としてカメラからフィルムを回収していくのだが。。
クライマックスの場面にいる登場人物たちには、望んで戦おうと、誰かのために戦おうと、否応なしに修羅場に引きずり出されようと、やるしかないという覚悟ができている。だから血の抗争であっても爽やかに見えるのだろう。→ブログランキングへ

【園子恩監督の作品】
TOKYO TRIBE(2014年)
地獄でなぜ悪い(2013年)
希望の国(2012年)
ヒミズ(2012年)
恋の罪(2011年)
冷たい熱帯魚(2011年)
ちゃんと伝える(2009年)
Make the Last Wish(2008年)
愛のむきだし(2008年)
エクステ(2007年)
HAZARD(2006年)
気球クラブ、その後(2006年)
紀子の食卓(2006年)
Strange Circus 奇妙なサーカス(2005年)
夢の中へ(2005年)
ノーパンツ・ガールズ 大人になったら(2004年)
自殺サークル(2001年)

『R100』

マゾヒスティックな嗜好の男の物語である。
キャストは豪華。

大手デパートの営業課長の片山(大森南朋)は、ボンデージ姿の女に責められるのが趣味。妻(YOU)は、3年前から原因不明の病気で意識不明の状態で入院している。それゆえ息子と二人暮らし。
そんな状況にもかかわらず、片山は秘密クラブ「ボンデージ」とマゾプレーの1年契約を結ぶ。条件は、女性の攻めをすべて受け入れ反撃しないこと、さらに途中解約は認められないというもの。

R100 [DVD]
R100 [DVD]
posted with amazlet at 14.06.30
監督:松本人志
脚本:松本人志
音楽:坂本秀一
日本 2013年 100分 ★★

路上で、片山はボンデージ姿の女(冨永愛)に襲われ回し蹴りを食ったり踏みつけられたりする。寿司屋のカウンターに座ると別のボンデージ女(佐藤江利子)が現れて、握り寿司を次々に手のひらで潰す。その潰れた寿司を片山は食べるのである。

R100__2

サービスがエスカレートしてボンデージ女(寺島しのぶ)が職場のトイレに現れムチを振るうに至り、片山は支配人に電話で「仕事場に現れたり家族に手を出すのはルール違反だ」と苦情を訴えるが、取り合ってくれない。

R100_

妻の病室に声の女王様(大地真央)現れ、そしてついに自宅に唾液の女王(渡辺直美)が現れる。ところがプレー中に唾液の女王が2階から落下して死んでしまう惨事が起こる。
クラブ「ボンデージ」は、総力をあげて片山の命を奪おうと女たちを送り出す。

R100_ceo

妻の親(前田吟)の命が危ないと謎の男(渡部篤郎)に知らされ山梨に向かうが、丸呑みの女王(片桐はいり)がすでに親を飲み込んでいた。
そして、仮面ライダーとショッカーの戦いに似た画面が続く。
ボンデージに身を包んだ女たちは片山の投げる手榴弾に吹き飛ばされ、最後は、シンガポールから駆けつけた白人の大女COEとの一騎打ちとなり、小屋の中で何やらが行われる。
COE役は身長2メートル6センチ、体重106キロのプロレスラー、リンゼイ・ハワード。

そして何か月か経って、片山の下腹部は妊娠したかのようにぽっこり膨らんでエンディングという作品。→ブログランキングへ

『源氏物語 千年の謎』

藤原道長(東山紀之)が、一条天皇の心が自らの娘・彰子に向くようにと、彰子に仕える売れっ子作家の紫式部(中谷美紀)に『源氏物語』を書くように促すとこらから始まる。

__3

道長の望みは、一条天皇の中宮である彰子に御子を産ませ、その子が帝の位につき、外戚として権力を握ること。「この世をば我が世とぞ思ふ望月の欠けたることもなしと思ヘば」と詠んだ道長は、世の中を自分の思い通りにしようとする野心家であった。歴史は道長の思い通りになった。
中宮とは「帝の妻」という地位の女性たちのことである。

源氏物語 千年の謎 通常版 [DVD]
監督:鶴橋康夫
脚本:川崎いづみ/高山由紀子
原作:高山由紀子『源氏物語 悲しみの皇子』→『源氏物語 千年の謎』(角川文庫)
音楽:住友紀人
日本 2011年 136分 ★★★★

こうした、紫式部と道長を中心にした現実の話と、『源氏物語』でくり広げられる光源氏と女性たちの話が、並行してあるいは絡み合って進んでいく。
当時、女性はすだれの奥にいたり扇子で顔を隠したりして、年頃の女性の顔は直接拝めない、いわばイスラム的な制約があったはずなのだが、その辺りは省略されて、適宜おおっぴらに顔を晒している。

_

桐壺帝の御子である光源氏(生田斗真)は3歳で生みの親である桐壺の更衣が病死したために、桐壺帝の中宮の藤壷に育てられる。
光源氏には母への強烈な思慕があり、それがこの映画の重要なテーマとなっている。光源氏の生みの親である桐壺の更衣と育ての親である藤壷を、真木よう子が一人二役で演じている。

光源氏は桐壺帝の御子でありながら帝に家臣として仕える。
美男子の誉れ高い光源氏はとにかくモテる。
そんな光源氏は葵の上(多部未華子)を娶るも、妻だけを愛するような男ではないから、帝の亡き兄の妻であった六条御息所(田中麗奈)と深い仲になる。六条御息所は漢文をたしなむ教養と気品のある女性である。

___2

ところが、六条御息所は嫉妬深い女で、光源氏が手を出した夕顔(芦名星)に、生霊として取りついてしまう。光源氏の子供を身ごもった葵の上をも呪い殺そうとするが、陰陽師・安倍清明(窪塚洋介)が登場し、生霊と化した六条御息所を封じ込めるのである。
自らの運命を悟った御息所は、光源氏を諦め、近江の寺に入るのだが、御息所を追って寺を訪れた光源氏は門前払いをくう。モテ男はアフタケアも怠りない。

光源氏の母への思慕は、帝の留守中に育ての親である藤壷に手を出すという、神をも恐れぬ禁断の恋にまで発展する。藤壺が母に似ているという、信じ難い理由で迫るのである。
とは言っても、この時代はいとこと同士の結婚は当たり前。一夫多妻制であるし、夜這いにより男女の関係が成り立つ状況にあり、光源氏が継母である藤壷に手を出すというのは、「ちょっとやりすぎだわね」くらいの認識なのかもしれない。
レイプ文学とも称される『源氏物語』に記載されている、光源氏と女性とのあまたの交情からすれば、この程度のことは序の口と言ったところだろう。

一方、現実では『源氏物語』が大評判となり、道長の思い通り彰子は一条天皇の御子を身籠り男の子を出産する。道長は紫式部のお陰と感謝の言葉を口にするのだが、式部の心は晴れない。
「その後の光源氏はどうなるのか」と再三訊ねる道長に、式部は「これからも良いことも悪いことも続きます」と、それは道長のこれからでもあると思わせるような意味深長な答えを返す。

__2

夫に先立たれた紫式部は道長のお手つきであったという説と、光源氏のモデルは道長という説があり、本作はそれらを採用している。→ブログランキングへ

『ふがいない僕は空を見た』

ふがいない僕は空を見た [DVD]
監督:タナダ ユキ
脚本:向井康介
原作:『ふがいない僕は空を見た』窪 美澄(新潮社)
音楽:かみむら周平
日本  2012年 142分  ★★★*

登場人物たちが抱える生きる苦しさを、重くなりすぎずさらりと描いている。セックスと妊娠と出産をテーマにして、生きていくのは並大抵のことではないと暗示する内容。

130710

友人と訪れたアニメの同人誌販売会で、高校生の卓巳(永山絢斗)はあんずと名乗る主婦の里美(田畑智子)と出会う。里美の誘惑でふたりは彼女の家でアニメのコスチュームをつけてセックスをする関係になる。
ところが、同級生の七菜(田中美晴)から「サイトウ君のこと好きなのね、あたし」と告白された卓巳は、里美と別れる決意をする。このあたりは、二股をかけるのをよしとしない純粋さがあるようだが、里美との関係はずるずる続き、ふがいない。
里美は夫との間に子供ができず、人工授精を試みているが妊娠はしない。
夫は病的なオタク。自分と同じいじめられっ子が生まれることを恐れている。夫の母は孫ができないことで里美を執拗に責める。

夫は里美の様子に疑いを持つようになり、寝室にビデオカメラを仕掛け、里美と卓巳のセックスシーンを撮影した。それを、見せられた里美は夫と姑に離婚してくれるよう懇願するが、夫は別れないという。
そして、このビデオがネットに投稿され、卓巳の情事が学校中の知るところとなり、彼は家に引きこもってしまう。

1307105

卓巳の母、寿美子(原田美枝子)は自宅で助産院を開いている。ある日、彼女が神社に行くと、そこには卓巳がいた。落ち込んでいる卓巳に、寿美子は「生きててね。生きて、ずっとそこにいてね」という。母は強く寛大である。

1307103

団地に住む良太は認知症の祖母とふたり暮し。生活費を稼ぐために、朝は新聞配達、夜はコンビニでバイトをする極貧の生活を送っている。卓巳とは仲がいい。
バイト仲間に医者の息子がいて、やたらと良太に親切に接する。良太に、団地暮らしから抜け出すために、勉強を教えるから大学にいけという。その言葉に良太は目が覚めるのだが、その医者の息子は小児ポルノ撮影のとがで逮捕されてしまう。

良太は引きこもっている卓巳の家を訪れ、いつまで甘えているじゃないとベッドを蹴飛ばす。
そして、卓巳は登校することを決意する。→ブログランキングへ

『ファンシイダンス』

ファンシイダンス [DVD]
ファンシイダンス [DVD]
posted with amazlet at 13.05.04
監督:周防正行
脚本:周防正行
原作:岡野玲子
音楽:周防義和
日本   1989年   101分

原作の『ファンシィダンス』は、岡野玲子による漫画。『プチフラワー』(1984年から1990年)に連載され、1989年の第34回小学館漫画賞を受賞したという。

1

ロックバンドのボーカリスト、大学4年生の塩野陽平(本木雅弘)は寺の跡取り息子。
跡を継ぐ決意をした彼は、頭の左半分を刈り上げて、ライブで『若者たち』を踊りながら歌う。世俗社会との決別の場面だ。
とは言っても、陽平の動機は不埒、禅寺で1年間修行して、住職の免許を手にしようという軽い気持ちで寺に入ることにしたのだ。一緒に寺に入ったのは、修行を積んで立派な僧侶になることが目標の弟の郁生(大沢健)、裕福な寺の娘を恋人に持つ英俊(彦摩呂)、母親に説得され嫌々ながら修行にきた珍来(田口浩正)、新入りはこの4人。

彼らを待ち受けていたのは、理不尽な古参の光輝 (竹中直人)たちの仕打ちと地獄ような修行の日々であった。しかし、慣れてみれば寺の裏事情が見えてきて、偉そうな顔した古参たちは、すきを見て世俗と変わらない生活を送ろうとしていた。

2

やがて、かつてのバンド仲間のアツシが社員研修で寺にやってきて、陽平の恋人だった真朱(鈴木保奈美)が元彼のキリスト教男(大槻ケンヂ)とつきあい始めたと聞かされ、陽平は不安になる。そんな陽平の前に真朱が現れ、いちゃついているところを光輝に見つかってしまい、大目玉を食らう。そして真朱は長くは待てないと言うのだった。

3

適当に修行をしてなにかと問題を起こしてきた陽平であったが、どういうわけか修行僧のリーダーを命じられる。そして、真朱ら観客が見守るなか、修行僧同士の問答戦「法戦式」に望む。問答戦をなんとか乗り切って晴れて下山できると思いきや、ボケ気味の老師から「陽平ちゃん、まだ修行が足りないよ」と言われ、彼は寺に残るのだった。

それでいい、陽平にはもっと修行を積んで徳のある僧侶になってもらわないと、人生を甘くみているからね。

周防監督は1984年に、にっかつロマンポルノ『変態家族 兄貴の嫁さん』で監督デビューした。小津安二郎監督をリスペクトした作品だという。
最近は『それでもボクはやっていない』(07年)や『終の信託』(12年)と、裁判がテーマのガチガチの社会派作品を手がけている。本作や『シコふんじゃった。』(91年)、『Shall We ダンス?』(96年)などのコメディタッチの作品に抜群の才能を見せていたので、このジャンルの作品に再チャレンジして欲しい。→映画ブログランキングへ

『ゆれる』

ゆれる [DVD]
ゆれる [DVD]
posted with amazlet at 13.04.12
監督:西川美和
脚本:西川美和
原案:西川美和
音楽:カリフラワーズ
日本  2006年 119分  ★★★★★

1304111

オダギリ・ジョー演じるカメラマンの猛(たける)が、母親の法事で山梨の実家に帰省するところから映画は始まる。

1304112

真面目で温厚な兄の稔(香川照之)は、実家のガソリンスタンドを継いでいる。
猛がそのスタンドに立ち寄ると、かつての恋人智恵子(真木よう子)が働いていた。智恵子には東京行きを諦めて山梨に残った過去がある。

1304111_1

法事のあと、猛は智恵子をアパートまで送っていって、兄が智恵子に密かに思いを寄せていることを知っていながら、関係を持ってしまう。夜遅く猛が戻ってくると、稔は電灯の下で洗濯物をたたんでいた。兄の背中を見て、猛は智恵子との関係に気づいていないと考えるが、多分兄はすべてをお見通しなのだ。

1304113

翌日、兄の提案で3人はドライブに出かけ、智恵子が吊り橋から転落死する事件が起こってしまう。対岸に渡った猛のもとに行こうと、吊り橋を渡る智恵子を稔が追いかけるようについて行き、稔ともみ合い転落した。猛はその一部始終を見ていた。
警察に逮捕された稔は、吊り橋の上で転んだ智恵子を助けようとしたと供述した。猛は見ていないと兄をかばう。

1304114

兄が殺人犯として起訴されたことにより、ふたりは本音をぶつけ合うようになる。
実家を継いで毎日あくせくと働かなければならない兄は、都会に出て自由気ままに生きている弟が許せなく思えてきて、貧乏くじを引いたと鬱積した気持ちを弟にぶちまける。兄弟の心情がどんどんエスカレートしていくところの体当たりのオダギリ・ジョーと香川照之の体当たりの演技が見事だ。兄をかばうつもりだった弟は、信頼していた兄の心の内を知らされて愕然とする。
兄弟の間に決定的な亀裂が入ってしまい、稔には実刑判決が下る。

西川美和監督は、自らのアイデアをもとに見事な脚本を書き上げた。映画の最後には、ちゃんと救われるシーンが用意されている。監督の才能がほとばしる骨太な傑作だ。→映画(全般) ブログランキングへ

【西川美和監督の作品】
夢売るふたり』(12年)
ゆれる』(06年)

『ステキな金縛り』

ステキな金縛り スタンダード・エディション [DVD]
ステキな金縛り[DVD]
posted with amazlet at 13.04.08
Once in a Blue Moon
監督:三谷幸喜
脚本:三谷幸喜
音楽:荻野清子
日本  2011年  142分  ★★★★★

話のつじつまが合わなくなるのではないかと思われるくらいの荒唐無稽なストーリーにもかかわらず、緻密な計算がされていて、ほころびはない。
それと、主役級の俳優がチョイ役で所々に顔を出すのが魅力。
笑って笑って最後にちょっぴり泣かせるコメディの王道を行く構成。
つじつまが合わないと思わせたことが謎を解く鍵という、三谷幸喜監督のしかけた罠にまんまとはまってしまう大傑作。

130408

妻殺しの容疑者矢部五郎(KAN)の担当弁護士は、これまで失敗ばかりしてあとがない宝生エミ(深津絵里)。矢部はアリバイがあると無実を主張。事件当夜、矢部が泊まった旅館を訪れたエミは、矢部に金縛りをかけた落ち武者の亡霊更科六兵衛(西田敏行)に出会う。エミは六兵衛になんとしても矢部のアリバイを証言してもらおうと、法廷に引っ張り出す。
六兵衛は、421年前に謀反の濡れ衣を着せられ無念の死を遂げた武将で、成仏できずにさまよっている亡霊。
自らに着せられた汚名を挽回したいというのが、六兵衛の切なる願いである。
エミが対抗するのは、超常現象を信じない凄腕の検事、小佐野(中井貴一)。

1304082

しかし、この六兵衛の姿は、すべての人に見えるわけではない。
まずは、六兵衛が証人として認められるかどうかでひと騒動が起こる。
やがて、エミと六兵衛との間に信頼関係が生まれ、前代未聞の法廷が始まる。

1304083

深津絵里演ずるのダメ弁護士が、弁護士生命をかけて当たって砕けろで西奔東走する姿が、健気で胸を熱くさせる。

130408_
(上の画像は出演者の相関図、画像をクリックすると拡大画像になります。)

以下が出演者の一部。なんという豪華な顔ぶれだろう。
エミの上司の弁護士に阿部寛、殺された矢部鈴子に竹内結子(一人二役)、鈴子の愛人に山本耕史、旅館の女将に戸田恵子、タクシー運転手に生瀬勝久、ファミレスのウェイトレスに深田恭子、歴史学者に浅野忠信、死後の世界から来た男に小日向文世、陰陽師に市村正親、売れない役者に佐藤浩市、悲鳴をあげるコールガールに篠原涼子、医者に唐沢寿明、ナースに西原亜希。→映画(全般) ブログランキングへ

『桐島、部活やめるってよ』

桐島、部活やめるってよ(DVD2枚組)
The Kirishima Thing
監督:吉田大八
脚本:喜安浩平/吉田大八
原作:朝井リョウ/『桐島、部活やめるってよ』
音楽:近藤達郎  主題歌/高橋優『陽はまた昇る』
日本  2012年  103分  ★★★*

成績が優秀でスポーツ万能のバレー部のキャプテン桐島が部活を辞めるうわさが流れてから、学校内にちょっとした異変が起こる。それとは関係なく映画部は独自の活動つづける。やがてこのふたつが交差して結末を向かえるというのが大まかな流れ。

この映画には3人の主人公がいる。ひとりは最後まで姿を現さないが話題の中心人物である桐島。桐島が部活を辞め姿を見せないことを一番気にかけている親友の菊池(東出昌大)。そして映画部の部長の前田(神木隆之介)である。
本作は、金曜日ごとに、登場人物の多視点からひとつのエピソードを映し出し物語を進めていくという手法が取られている。

菊池は桐島がなんの相談もなく部活を辞めたことにショックを受けている。彼は、放課後、屋外で仲間と遊んでいた恒例のバスケットボールに顔を見せなくなる。
竜汰(落合モトキ)と友弘(浅香航大)は、いつも桐島が部活を終えるのを待ちながら、菊池たちとバスケットボールをしていた。桐島が姿を現さないことにもっとも動揺しているのは、クラスの中心にいる彼らである。

1304051

4人グループのひとり、美人の梨紗(山本美月)は心が穏やかでない。つきあっている桐島が部活を辞めることを他人から知らされたからだ。
このグループの沙奈(松岡茉優)は菊池とつきあっていて、梨沙と同じグループにいることにステータスを感じている。とにかくうわさ好き。
バトミントン部のかすみ(橋本愛)は、グループにいるもののほかの3人とは少し距離をおいている。実果(清水くるみ)もバドミントン部、ほかの3人にコンプレックスを感じている。
女子格付けヒエラルキーの頂点にいるこのグループは、梨沙以外は桐島の不在にさほど翻弄されることはない。

1304052

最も打撃を受けたのはバレー部。県選抜のメンバーでもあるリベロの桐島が抜けた穴を埋めるべく風助(太賀)が猛特訓を受ける。副キャプテンの久保(鈴木伸之)は桐島が突然に辞めたことに戸惑い、風助の力不足に苛立っている。

1304053

吹奏楽部の部長亜矢(大後寿々花)は、放課後にバスケットをする菊池の姿を見るために校舎の屋上でサックスの練習をするのが日課だった。騒動以来、菊池がバスケットに姿を見せないことを心配している。

桐島の騒動の蚊帳の外にいるのがオタクの集団の映画部。
映画部の顧問は前田に高校生らしい映画を作るように指導するが、彼らが作りたいのはゾンビ映画。前田は顧問の忠告を無視してゾンビ映画を撮ることにして、仲間たちと日々奮闘している。映画部員の行動はたびたびほかの生徒の嘲笑の的となるが、そんなことにめげずに前田たちは自分たちの撮りたいものを撮ろうとしている。

1304054

ある日、桐島が学校の屋上にいるといううわさが流れて、菊池たちは屋上に駆け上がる。しかし、桐島の姿はなく、彼らが目にしたのはゾンビ映画のクライマックスシーンを撮っている前田たちの姿であった。
桐島のいないことに苛立ち、映画の小道具を蹴飛ばして八つ当たりをするバレー部員に怒った前田は、急遽ゾンビに扮した映画部員たちがバレー部員たちに襲いかかるシーンにカメラを回すのだった。

1304055

桐島がいないことで生じた人間関係のきしみや、高校生の危うい心理が、群像劇の中に巧みに描き出されている。
それにしても、日本アカデミー賞作品賞を獲ったのは過大評価だと思う。→映画(全般) ブログランキングへ