スリラー

『ジャッキー・ブラウン』

ジャッキー・ブラウン [DVD]
Jackie Brown
監督:クエンティン・タランティーノ
脚本:クエンティン・タランティーノ
原作:エルモア・レナード  『ラブ・パンチ』(角川文庫)
音楽:ー
アメリカ  1997年  154分   ★★★★★

ジャッキー・ブラウン(パム・グリア)が三流航空会社のスチュワーデスの安っぽい制服に身を包み、空港の動く歩道の上を右から左に移動するバストショットが、延々と映し出されて映画は始まる。ジャッキーの肌は褐色に輝き溢れんばかりの色気が漂う。彼女はそのまま空港で逮捕される。
原作は『ラブラバ』の作者エルモア・レナードの『ラブ・パンチ』、彼は本作の製作総指揮に名を連ねている。

1306111

タランティーノは若かりし頃、パム・グリアの大ファンで、彼女を自慰の対象にしていたという。監督から直接に言われたどうかはわからないが、そんなことを知ってしまった主演女優の気分はどんなものだろう。誇らしく思えるものなのか、気持ち悪いと思うものなのか。パム・グリアは、もともとB級映画のセクシー路線で売り出したのだし、太っ腹そうなので、前者のような気がする。そう感じさせるところが彼女の魅力だ。

1306114_2

武器密売人オデール(サミュエル・ジャクソン)の資金の運び屋をしているジャッキーは刑務所から出所したばかりだった。やっと今の職を得て安い給料でなんとかしのいでいたのに、再び刑務所に入れば、出所したときには職がないくらい切羽詰まってしまう。なにしろスチュワーデスとしては歳も歳だ。

ここで、ジャッキーは起死回生の手を打つことにした。
彼女の身柄を引き取りにきた保釈金融業者のマックス(ロバート・フォスター)を抱き込んで、警察とFBIと取引して罪を逃れ、オデールの金を横取りしようと画策した。
パム・グリアとサミエル・ジャクソンがかぶっている「Kangol」のベレー帽が気になる。つい、かぶってみたいと思うくらいに、ふたりとも似合っている。

1306112_3

一方、オデールの相棒ロバート・デ・ニーロが演じる落ち目のヤクザのルイスは、オデールの女ブリジッド・フォンダに、彼のドジぶりをののしられて逆上し彼女を撃ち殺してしまう。映画界の血統書つきのブリジット・フォンダを黒人が囲う蓮っ葉な女として登場させ、しかもあっさり殺されてしまう役柄に配するところが、いかにもタランティーノらしい。

1306115_3

事が計画通りに進み、まんまと大金を手にしたジャッキーはマックスに一緒に暮らそうと誘うが、彼はもう歳だからとやんわり断る。この場面は、タランティーノがかつてお世話になったパム・グリアに個人的な感謝の意を込めて、マックスに「ピリオド」を打ってもらったと、とれなくもない。
本作は監督の思いが込められた大人の恋愛物語でもある。→ブログランキングへ

『ブラッド・シンプル』

ブラッドシンプル/ザ・スリラー [DVD]
Blood Simple.
監督:ジョエル・コーエン
脚本:ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン
音楽:カーター・バーウェル
アメリカ  1985年  99分 ★★★★☆

本作は『ノーカントリー』(2007年)で、アカデミー賞作品賞と監督賞を受賞したコーエン兄弟の兄ジョエル・コーエン監督の初作品である。
のちに監督は本作の主人公アービー役のフランシス・マクドマードと結婚しているなど、何かと話題性に富んだ作品である。
中国映画『女と銃と荒野の麺屋』(チャン・イーモウ監督、2011年)は、この映画をリメイクしている。

130305blood_simple1

テキサツ州の田舎町に、ポツンとある酒場の経営者マーティ(ダン・ヘダヤ)は、アビー(フランシス・マクドーマンド)と従業員レイ(ジョン・ゲッツ)が浮気をしていると疑い、私立探偵のフィッセル(M・エメット・ウォルシュ)に調査を依頼する。
マーティはケチで傲慢、周りからは嫌われている。

アビーは夫からパールグリップの銃を貰ったとレイに話す。この銃がストーリーの流れの中で重要な鍵となる。
彼女はマーティを撃ってしまうそうだとレイに話す。ここで、レイはアビーがマーティを殺すかもしてないと思ったのだろう。

130305blood_simple2

フィッセルはふたりの不貞の現場を抑えマーティ報告し金を手にするが、傲慢なマーティの上から見下す態度が気に入らない。

マーティに詰問されたレイは酒場を辞めることになる。
レイが未払分の給料2週間分を要求するが、強欲なマーティは不倫の対価として支払いを拒否した。そんなことでは、怒りが収まらないマーティは、妻とレイの殺害をフィッセルに依頼する。ここから物語は大きく動き出す。

130305blood_simple3

ところが、フィッセルはふたりを殺したように見せかけ、マーティから依頼料をだまし取るだけでなく、アビーのバッグから盗んだ銃でマーティを撃ち、金庫の有り金を持ち去るのだった。

未払い分の給料を手にしようとマーティとの交渉に酒場に現れたレイは、撃たれたマーティを発見して、アビーの仕業だと早合点し、マティを運び出す。

130305blood_simple4

一方、アビーは血液のついた衣服や車の座席の血液から、夫を撃ったのはレイであると思い込んでしまう。
レイがアビーに事情を説明しているところに、愛用のライターを置き忘れたフィッセルが舞い戻ってきて、酒場は殺し合いの場になるのだった。

130305blood_simple5

BGMにカントリーが流れると、残忍な場面が和む効果がある。
殺人が起こるものの、どこかコメディのテイストが感じられる作風である。
コーエン兄弟がただ者でないと感じさせるインディーな姿勢が本作でも貫かれている。 →映画(全般) ブログランキングへ

『女と銃と荒野の麺屋』

女と銃と荒野の麺屋 [DVD]
A Woman, a Gun and a Noodle Shop
監督:チャン・イーモウ
脚本:シュウ・チェンチャオ、シー・チエンチュアン
音楽:チャオ・リン
製作国:中国  2011年  90分

コーエン兄弟の処女作『ブラッド・シンプル』(1985年)のリメイク版。

荒野にぽつんと店主ワンの中華麺店がある。
中華麺店には、リーと大柄なジャオ、小柄な女のチェンの3人が住み込みで働いている。

強欲なワンは、従業員の給料を払わず私腹を肥やすような男である。
ワンは10年前に金で買った妻(ヤン・ニー)を虐待し、その妻は気の小さいリーと不倫をしている。

130304noodle_shop2_2

ある日、妻はペルシャからきた行商人から拳銃を購入する。
もうちょっと破壊力がある大砲もあると言って、その行商人がぶっ放した大砲は荒野めがけて飛んで行き、爆発音を轟かせた。
その音を聞きつけて警察隊が大挙してやってきて、ワンの店に入る。

130304noodle_shop22

ここで、リーとジャオとチェンが、警察隊員に振舞う麺を作り始める。
ピザを作るように指でくるくる生地を回すパフォーマンスを見せたあと、きしめんのように幅広く切った麺を茹でて丼に入れ、唐辛子をのせ、その上から煮えたぎった油をかけて出来上がり。警察隊員たちはそれをうまそうに食べた。
麺屋らしい場面はここだけである。

130304noodle_shop3

ワンから賄賂を受け取った副隊長のチャン(スン・ホンレイ)は、銃と不倫のことをワンに密告する。妻と従業員の裏切りに激昂したワンは、チャンにふたりの殺害を依頼する。

130304noodle_shop4

樹木一本生えていない赤茶けた荒野、漆黒の闇に叢雲から顔を出す月の冷たい光、そして麺屋が交互に映し出され、シュルな映像のなかに、殺人ゲームが展開する。

強欲で残忍でゾンビのような死にぞこないの店主、死の恐怖におののくコケティッシュな妻、あくまで臆病な間男、大柄な男と小柄な女のコミカルな使用人コンビ、そして金に目が眩んだ冷徹な殺人鬼が織り成す、B級度満点の楽しさを味わわせてくれる作品である。→人気ブログランキング