法廷

『ザ・プロフェッサー』ロバート・ベイリー

学部長の理不尽な方針により大学を追われた老教授が、娘一家を交通事故で亡くしたもと恋人の要請を受け、教え子とともに運送会社の悪徳経営者を相手どって裁判に挑む。相手側のなりふり構わない隠滅工作に敢然と立ち向かう、勧善懲悪のリーガルサスペンス。

実際に、アラバマ州タスカルーサにあるアラバマ大は、アメリカンフットボールの名門校である。かつて活躍したプレーヤーは、今でも町で一目おかれる人物たちである。
物語は、68歳になるトーマス(トム)・マクマトリーが主人公。かつてディフェンスの名プレイヤーであり、アラバマ大学が全米チャンピョンに輝いたときのメンバーである。現在、トムはアラバマ大学の教授として証拠学の権威であり、トムが率いる模擬裁判チームは3度の全国優勝を誇っている。

ささいなことで激昂した学生のリックに殴られたトムが、リックの腕をつかんだ動画が youtube に流れ、トムが暴力をふるったとされ窮地に立たされる。トムの授業で学生が虐待を受けたと申告し、さらに女子学生と不適切な関係にあるとでっち上げられる。
トムに最後通告を言い渡したのは、最近アラバマ大学の顧問弁護士に就任したかつての教え子であるタイラーであった。

ザ・プロフェッサー (小学館文庫)
ザ・プロフェッサー
posted with amazlet at 19.04.03
ロバート ベイリー/吉野弘人
小学館文庫 2019年3月 ✳︎8
売り上げランキング: 4,848

トムは実際の裁判には長年携わっていない。また3年前に妻を乳癌で亡くし、最近大学を不本意なから辞めさせられ、さらに膀胱癌が見つかり、すっかり意気消沈している。そこで、トムはかつてトラブルがあった教え子のリックを紹介する。リックは事故があったヘンショーの出身である。

被告の弁護士はアラバマ州で最も勝率の優れた弁護士として君臨する、トムを大学から追放することに策を労したタイラーだった。一方、リックは弁護士に成りたてのヒヨッコである。

運転手に法定速度を無視した運転を強要していた運送会社は、証拠となる書類を燃やし、原告に有利な証言をしようとする関係者を買収したり、脅したり、あるいは口封じのために殺したりしていた。
裁判は被告有利に運ぶかに思われたが、トムの過去の栄冠やリックの土地の利が陪審員たちに効果的に影響し、被告側の悪行にほころびが生じるのだった。→人気ブログランキング

 

 

『推定無罪』

推定無罪 [DVD]
推定無罪 [DVD]
posted with amazlet at 13.07.08
Presumed Innocent
監督:アラン・J・パクラ
脚本:フランク・ピアスン/アラン・J・パクラ
原作:スコット・トゥロー
アメリカ  1990年  127分 ★★★★☆

ラスティ・ザビッチ(ハリソン・フォード)は地方検事局の主席検事補。
妻のバーバラ(ボニー・ベデリア)は数学の博士論文を仕上げるのに何年もかかっていて、いまも大学の研究室に通っている。

検事局に若い美人女性検事補キャロリン(グレタ・スカッキ)が赴任してくる。ラスティはキャロリンに仕事の協力を求められ、やがて彼は彼女と関係を持ってしまう。これは、出世欲旺盛なキャロリンのハニートラップだ。ラスティはその罠にまんまとはまり、キャロリンに入れあげてしまう。

ある日、キャロリンが全裸で後ろ手に縛られ、鈍器で頭部を殴られた死体で発見される。
折りしも地方検事選挙戦の真っ最中。現職の地方検事レイモンド・ホーガンは、事件を無事解決して選挙戦を有利にしようと、ラスティにこの事件を任せることにした。
ラスティが調査を進めるうちに、彼女が検事局の何人もの男性たちと関係を持っていることがわかってくる。
さらに、彼女が担当した過去の事件に操作が加えられたような不審な点が出てくる。

ここで日本と異なるアメリカの地方検事について確認してみる。
アメリカの地方検事は4年ごとに住民の選挙で選ばれ、その検事が検事補を任命して訴訟を担当させる。
検事は選挙で選ばれるため、マスコミに注目されるような事件を担当し、住民感情に沿うような判決が下されれば知名度が上がり、ゆくゆくは議員になる可能性が出てくる。検事は政治家としての側面が強い。

1307092

現場にあったコップからラスティの指紋が採取され、被害者の体内に残されていた精液の血液型はラスティのものと一致し、彼は逮捕される。
ラスティが弁護を依頼したのは、仕事上でこれまでに散々手を焼いてきたやり手弁護士。
キャロリンはレイモンドとも関係を持っていた。地方検事選挙での再任を目指すレイモンドは、当然のことながらラスティに見切りを付ける。これでラスティはますます不利な状況に追い込まれていく。

1307093

ところが、決定的な物的証拠のコップが保管庫からどこかに消えてしまうという、とんでもないことが起こる。なんという杜撰な管理だろう。
決定的な証拠がなくなった今、黒人の裁判長はあくまで中立の立場を貫き、ラスティを犯人に仕立てようとする検察側の強引な手法に異議を唱え、裁判の無効を宣言してしまう。

最後になって、意外なところから被害者の血と髪の毛がついた凶器が出てきて真犯人がわかるのだが、このストーリーのどこが推定無罪なんだという疑問が残る。 →人気ブログランキング