ノーベル賞作家

ペスト カミュ

ペストによってもたらされた不条理を目の当たりにした人びとはどう行動するのか。
1947年に発表されたカミュの第二作目である本書は、処女作『異邦人』や、カフカの『変身』や『審判』などとともに、不条理文学に分類される。

4月の朝、1匹の鼠の死から始まる。
やがて鼠の死体は町のそこら中で目につくようになり、鼠の死が収まると、高熱を発し鼠径部が腫れた病人が現れた。医師のリウーはアパートの門番が死ぬに至り、驚きが恐怖に変わった。そして惨劇が始まった。
最初は医師たちも市の執行者たちもペストと認めなかった。
しかし感染者と死者は増加の一途をたどり、ついには、人口20万人のアルジェリアの港町オランは封鎖された。

Image_20200613141901ペスト
アルベール・カミュ/宮崎峰雄
新潮文庫
1968年

患者は隔離するだけで、これといった治療法はない。累々と盛り上がった鼠径部のリンパ節を、除痛目的で切開するくらいだ。予防手段の血清は町に入ってこない。

6月には犠牲者が週1000名となった。
人びとはまったく妥協の余地のない状態のなかにあり、「折れ合う」とか「特典」とか「例外」とかいう言葉はまったく意味がなくなっていることを納得するまでには、多くの日数を要した。
人びとは多くの不都合を認めようとせず振る舞っていたが、やがて納得せざるをえないことに慣れていった。

埋葬は迅速に行われた。しかし、やがて食糧難の問題が起こってくると、人びとは作法通りに埋葬する要求すら考える暇がなくなっていった。そして最初は一人一人だったものが、やがて男用墓穴と女用墓穴が分かれていたが、ついには男も女も構わず折り重なるように投げ込まれ埋葬された。
8月には、埋葬場所が足りなくなった。
9月10月の2か月間、いつ果てるとも見えぬ状況が続いていた。

こうした先の見えない状況の中、疲れ切ったリウーは淡々と病人をトリアージし、鼠径部のリンパ節切開を行った。
牧師はペストが神の懲罰であり悔悛を説いた定形的なミサに見切りをつけ、病人の介護に手を貸す保健隊に入った。
町から脱出しようとあれこれ策略をめぐらしていた人物は、脱出を諦めた。
犯罪者はペスト禍にいれば、警察に逮捕されることもないと思った。

サッカー競技場の中は収容所になっていた。彼らは忘れ去られた人々であり、問題はそのことを彼らは知っていることだった。まるでそれは、死刑を待つ人びとの収容所の様相である。
こうして、常識が通用しない道理が通らない不条理が延々と続いたのである。→人気ブログランキング

コロナの時代の僕ら/パオロ・ジョルダーノ/飯田亮介/早川書房/2020年
感染症 増補版/井上栄/中公新書/2020
感染症の世界史/石井弘之/角川ソフィア文庫/2018年
ウイルスは生きている/中屋敷均/講談社現代新書/2016年
H5N1 強毒性新型インフルエンザウイルス日本上陸のシナリオ/岡田晴恵/幻冬車文庫/2019年
隠されたパンデミック/岡田晴恵/幻冬舎文庫/2019年
ナニワ・モンスター/海堂尊/新潮文庫/2014年
首都感染/高嶋哲夫/講談社文庫/2013年
復活の日/小松左京/角川文庫/1975年
ペスト/アルベール・カミュ/宮崎嶺雄/1969年

『予告された殺人の記録』 G・ガルシア=マルケス

27年前に起こった殺人事件を、住民の証言をもとに力強い文体で描写する中篇小説。そのジャーナリスティックなアプローチは、トルーマン・カポーティの『冷血』を彷彿とさせる。
1987年に、フランスとイタリアの合作で同名のタイトルで映画化されている。
新装されたカラフルないかにもラテン風のカバーが物語を象徴的に表している。

舞台はコロンビアの辺鄙な河沿いの町。
衆人環視の中で殺人が起こる。しかも、人びとは殺人が起こることを知っていた。双子の兄弟は人を殺すことをあたり構わずに何人もに話をしていて、むしろ誰かに犯行を止めてもらうための努力を思いつく限り試みたというのが真相らしい。兄弟は犯行前に多量のアルコールを摂取した。

予告された殺人の記録 (新潮文庫)
G. ガルシア=マルケス/野谷文昭
新潮文庫
2001年 ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎
売り上げランキング: 4,706

町を上げての婚礼の翌朝、処女でないことを理由に新婦が実家に帰された。母親が娘に問い詰めると、ハンサムな青年の名前を口にした。玉の輿にのせようとした母親らの説得に負けた形の意にそわぬ結婚であったから、産婆から新婦の初夜での戦略を伝授されたにもかかわらず、娘は開き直ったのだ。
過去に、娘とその青年が会っているところを目撃した者は誰もおらず、娘は大切にしていた男を守ったのだ。

よそ者の新郎だけが金持ちの裏切り者として人びとの記憶に刻まれた。彼以外の悲劇の登場人物たちは、自分たちに割り当てられた役回りを、ある種の威厳をもって演じたと言える。濡れ衣かもしれないが、殺された青年は陵辱の罪を死によってあがない、兄弟は自分たちが男であることを証明した。その結果、辱しめをうけた娘は名誉を回復した。

話はここで終わらない。
人目を避けてひっそりと暮らす出戻り女は、あろうことかその金持ち男に恋をしてしまう。そして手紙を送り続けた。
何年も経ったある日、船から一人の男が降り立ち、袋から大量の手紙を取り出した。女の前に姿を現わした男は今は初老となったかつての新郎であった。

後半に明らかにされる生々しい殺害のシーンで、ナイフで滅多刺しにされて腸をぶら下げて断末魔の苦しみにあえぐ男の壮絶な様は、『壬生義士伝』(浅田次郎著)で、満身創痍の主人公が自害する最期に重なる。どちらも、面目を保つための「大義」が死に至らしめる理由である。→人気ブログランキング

『恥辱』 J・M・クツェー

J・M・クツェーは南アフリカ出身。本作『Disgrace』(1999年)にて2度目のブッカー賞を受賞している。1回目は、1983年『Life & Times of Michael K』(『マイケル.K』)。さらに、2003年にはノーベル文学賞を受賞している。

2度の離婚歴がある52歳の男が主人公。
デイヴィット・ラウリーは現代文学の教授だったが、大規模な合理化の結果、旧ケープタウン大学付属カレッジのコミニュケーション学部とやらの准教授に格下げされた。それで、やけになっているようなところがある。
デイビットは娼婦のもとに通っているうちに、その娼婦に入れあげてしまい、探偵を使って住所を調べ女の前に姿を現したが、けんもほろろに拒否されてしまう。

恥辱 (ハヤカワepi文庫)
恥辱
posted with amazlet at 18.08.09
J・M・クツェー/鴻巣友季子
ハヤカワepi文庫
2007年 ✴✳✳✳

この失態にも懲りずに、次にデイヴィットが手を出したのが教え子だった。
セクハラで訴えられ、学内の査問委員会での反省のないデイヴィットの態度に旗色は悪くなり、やがて新聞沙汰になり、しまいには、大学の職を失うことなる。
ここまでは、イントロである。

かつてすったもんだがあった娘・ルーシーは田舎で農地を所有していて、年長のドイツ人女性と一緒に住んでいる。市場で農作物を売ったり、犬を預かって世話をしたり、動物病院の手伝いをして生計を立てている。デイヴィットはルーシーのもとに転がり込む。
そして、ボランティアのような、懲罰のような、奉仕活動のようなことをすることになる。飼い犬の餌の肉を切ったり、犬の安楽死の助手をしたり、市場で農産物を売ったり、ともかく農家の暮らしを体験する。

そこてまかり通っているのは、力のあるものの庇護を受けなければ、女は生きていけないという土着の論理である。具体的には、地元の胡散臭い男の第3夫人になるという選択だった。デイヴィットは、理不尽な古い慣習のもとに、恥辱も何もかも受け入れて生きていくことを決意しているルーシーを、どう理解していいのか戸惑う。

一時、ケープタウンに戻ると、デイヴィットはメラニーが出演する演劇をそっと観劇したりする。反省していないような初老の男に周りの目は冷たい。

読後、殺伐とした気持ちになるのは、元教授の少しも好転しない転落の人生を見せられているからだろう。→人気ブログランキング