SF

タウ・ゼロ  ポール・アンダースン

核戦争によって壊滅的に破壊された地球は、スウェーデンが最大の富裕国になった。第二の地球を求めて、先発隊として男女25名ずつが、宇宙船〈レオノーラ・クリスティーネ号〉に乗り込み、代替の地球になりうる「おとめ座ベータ星」に向かった。
ハードSFの金字塔、オールタイムベストの常連作品。
Photo_20201117140401 タウ・ゼロ
ポール・アンダースン /朝倉久志
創元SF文庫 1992年

まずは〈レオノーラ・クリスティーヌ号〉に搭載されている恒星間ラムジェット・エンジンについて説明しなければならない。SFファン待望の恒星間ラムジェット・エンジンは、1960年に、ロバート・ハザードにより考案された。現在ジェット・エンジンの一種として使われている。エンジン前部の吸入口から空気を吸い込んで、それを高速飛行による空気圧で圧縮して燃料の一部として使用する。ハザードのアイデアは宇宙空間に豊富にある水素原子を吸入口から取りこみ、核融合燃料として使用しようというものである。これによって宇宙船は、出発時に膨大な質量の燃料を積み込む必要がなくなる。ただし銀河系の外では物質の密度が低くなり、宇宙船の速度は上がらない可能性がある。

タウについても説明する。宇宙船の一定の速度をV、光の速度をCとすれば、タウは(1-V2乗/C2乗)の平方根になる。タウが少なくなるということは光速に近づくということである。つまりタウ・ゼロとは光速という意味だ。
ハードSFとは科学性が強い作品のこと。すでに用いられている科学技術や一般的に知られている知見に基づき、科学的・論理的に構成される。整合性のあるストーリーとして、納得しながら読むことができる。

乗組員は集団見合いの状態である。当然のことながら男女間や男同士のトラブルが起こる。寝取られたとか奪ったとか、痴話喧嘩が頻発する。登場人物たちはまるで舞台俳優のように振る舞い声を発する。

宇宙船に災難が降りかかったのは旅の3年目、星々から計算した時間では10年目に近づいたときだった。宇宙船は小星雲と衝突した。減速システムが破壊され減速できなくなった。船長以下乗組員の願いとは裏腹に、事故後、タウは未曾有の割合で減少していった。そして加速していった。

亜光速移動によるウラシマ効果で、乗員たちにとっての数年が、故郷の地球では年月が何万年も過ぎていく。何万年も過ぎてしまった地球に戻ることはできない。「おとめ座ベータ星」は諦めざるを得ない。宇宙船の中で宇宙の流浪の民になってしまうと、乗員たちは苦悩する。
未知の速度に達し、眠りが浅くなり不眠者が増え、トランキライザーの使用量が増えていく。

そして船内で厳しく禁止されていた妊娠者が現れた。犯罪である。しかし、今や船内に正気なものなどいないとすれば、生まれてくる赤ん坊は、希望の光となりうる。
解決策は、星間物質の希薄な星系を見つけて減速装置を修理し、移住可能な星を見つけるしかない。だが、そうしている間にも船の外では、何億年もの時間が過ぎ去っていくのである。→人気ブログランキング

火星のレディ・アストロネート メアリ・ロビネット・コワル

本作品
はハヤカワ文庫SF創刊50周年記念特集号に掲載されている。
長編SF小説『宇宙(そら)へ』の後日談。人生の悲哀を感じさせる心に染みる良質の短編である。

1952年アメリカ東海岸に巨大隕石が落下し、人類は地球脱出を始めた。
女性宇宙飛行士として人類で初めて宇宙に飛び立ったエルマは63歳となり、火星で暮らしている。かつて宇宙船の発射事故で、近くの農場に被害がおよび夫婦が亡くなった。その娘がエルマの目の前にいる検診医のドロシーである。ドロシーは、子どもの頃からエルマに憧れを抱いていた。
Photo_20201026135701 火星のレディ・アストロネート
メアリ・ロビネット・コワル/酒井昭伸
SFマガジン
2020年10月号 p332

エルマは、太陽系外の居住可能な惑星の探査ミッションのパイロットを依頼される。亜光速に宇宙船を加速し火星から目的の惑星への旅程を3週間くらいに短縮するためには、到着側にテサラクト(四次元立方体)・フィールドが用意されていなければならない。そのフィールド設定のために、〈探査ミッション〉が必要になる。〈探査ミッション〉は、狭い宇宙船で3年間ひとりで旅することになる。どれほど厳重に放射線シールドしても必ず影響を受けてしまう。被曝により15年以内に癌になる確率は高い。到底若い宇宙飛行士には頼めないミッションなのだ。それでエルマに白羽の矢が当てられた。
不治の病に罹っている夫のナサニエルは余命は1年である。

エルマは、夫との最期の日々をともに生きることを選択しようとしていた。しかし夫はエルマを宇宙に飛び立たせたい。
子どもを持たないふたりの間にドロシーが介入する。→人気ブログランキング

火星のレディ・アストロネート/メアリ・ロビネット・コワル/酒井昭伸/SFマガジン2020年10月号
宇宙(そら)へ/メアリ・ロビネット・コワル/酒井昭伸/ハヤカワ文庫/2020年

宇宙(そら)へ メアリ・ロビネット・コワル

数学者であり女性パイロットでもあるエルマが主人公。地球脱失がテーマながら人種差別、性差別を大きく扱っているところが本書のユニークなところである。

1952年3月3日、小惑星がワシントンDCの近海に落ちた。そしてチェサピーク湾が3日間沸騰し続けた。たまたま休暇で山荘にいたエルマとナサニエル夫婦は、ソ連の核爆弾が投下されたのではないかと思った。
エルマの両親はおそらく一瞬にして死んだだろう。しかしそれを確かめる術はない。
TVニュースで、死者は7万人、50万人が家をなくし、クレーターの大きさは直径29キロに及ぶという。もちろんアメリカ政府の機能は麻痺した。
日を重ねるごとに世界各地での津波による被害が報告された。
そして、一時的には地球の気温は下がるがその後気温が上がるという。
地球から脱出するため、まずは宇宙船に地球を周回させ、次に月に基地を創り、その後火星に移住するという計画が進められることになった。

Photo_20201017124201宇宙(そら)へ 上
メアリ・ロビネット・コワル/酒井昭伸
ハヤカワ文庫
Photo_20201017124201 宇宙(そら)へ 
メアリ・ロビネット・コワル
2020年 

首都になったカンザスシティに設けられた国際空港宇宙機構(IAC)に勤務するエルマの仕事は、宇宙船の軌道を計算すること。コンピューターと呼ばれる。エルマは戦時中に戦闘機に乗っていたパイロットでもあり、宇宙飛行士なろうとチャンスをうかがっている。
一方、夫ナサニエルはロケット科学者で宇宙計画の技術部門の責任者である。
IACは1956年3月の時点で、今後3年間で75機から105機のロケットを発射する予定。1960年までに月面にコロニーが完成される。

ユダヤ人家庭で育ったエルマは14歳で大学の数学科に入った。男ばかりの数学科で、できの悪い学生に数学を教えるという任務を教授から命じられ、それが苦痛でトラウマになった。人前に出ると吐き気や頭痛に襲われるのだ。エルマは人前に出るときに緊張をほぐそうと、「スカートのしわを伸ばす」仕草をくり返す。

地球からの脱出計画が着々と進む中で、エルマが目の当たりにしたのは性差別と人種差別であった。
パーカー空軍大佐はコロンブスのときは女性乗組員がいなかったという。エルマはピルグリムファーザーには女性たちが乗っていたと反発した。

エルマは、元陸軍の女性パイロットや黒人女性のパイロットを募り、女性だけの航空ショーを開催し、大成功を収めた。人々に女性が宇宙飛行士としてやっていけることを示したのだ。
そしていよいよ女性宇宙飛行士が募集されることになる。

原題は、「The Calculating Stars」。2019年のネヴィラ賞、ヒューゴー賞、ローカス賞、サイドワイズ賞を受賞した。ヒューゴー賞はファンによる投票、ネビュラ賞は作家による投票、ローカス賞はSF情報誌が選び、サイドワイズ賞は歴史改変SF小説に与えられる。→人気ブログランキング

火星のレディ・アストロネート/メアリ・ロビネット・コワル/酒井昭伸/SFマガジン2020年10月号
宇宙(そら)へ/メアリ・ロビネット・コワル/酒井昭伸/ハヤカワ文庫/2020年

三体 Ⅱ 黒暗森林 劉 慈欣

『三体』三部作の第二部。
文化大革命により父親を亡くし自らも辛酸を舐めさせられ人類に絶望した葉分潔が宇宙に向けて発信したメッセージは、およそ4光年離れた三つの太陽を持つ三体世界に届いた。そして三体人が地球を侵略する計画が明らかになった。新天地を求める三体人は、千隻を超える侵略艦隊を地球へ向けて送り出す。太陽系への到達は四百数十年後。第一部はここで終わる。

Photo_20200710083201三体 Ⅱ 黒暗森林
劉 慈欣/
大森望、立原透耶、上原かおり、泊 功
早川書房
2020年6月
Photo_20200710083202 三体 Ⅱ 黒暗森林

本書の冒頭で、宇宙学者の羅輯(ルオ・ジー)は葉分潔に、宇宙社会学の公理を伝授される。それは本書の副題ともなっている「黒暗森林」という学説である。
地球よりはるかに進んだ科学技術力を持つ三体艦隊の襲来という未曾有の危機に直面した人類は、国連に惑星防衛理事会を設立し宇宙軍を創設する。だが、三体から送り込まれた、原子よりも小さい極微スーパーコンピュータ・智子(ソフォン)は地球上のあらゆる活動を察知していた。智子は人類文明の発展を阻止するために、基礎研究を妨害した。智子は目に見える思考のすべて解読する。唯一の例外は人間の頭の中にある思考である。つまり、言葉にしたり文章にしない限り智子には悟られない。こうして、地球は三体文明に監視され制御されることになった。

このままでは地球宇宙軍が三体艦隊との最終決戦に敗北することは明らかである。絶望的な状況を打開するため、国連によって前代未聞の「面壁計画」が発動される。人類の運命は4人の面壁者に託される。面壁者は作戦計画を実行する上で、一切の説明を必要としない。それゆえ、面壁者には膨大な権力が与えられる。面壁者は冬眠技術を利用して時を越えることができる。
羅輯を除く3人が秘策を実行に移そうとして自滅していくのに対し、羅輯は遊び呆け、とても面壁者としてなにかをしているとは見えなかった。5年後、羅輯は三体へ向けてへ呪文を発信した。

200年後、人工冬眠から蘇生した羅輯は、かつて自分の警護を担当していた心強い仲間の史強(シー・チアン)と再開する。200年の間に地球上では、大峡谷時代という人口を半分に減らす地獄が訪れ、人々はそれを乗り越えていた。社会は激変し、多くの人々が地下都市で生活するようになり、面壁者は忘れ去られた存在となっていた。

一方、三体艦隊は宇宙塵の斑雪(なだれゆき)によって300隻まで戦力を減らし、太陽系への到着は最初の予測よりもかなり遅れることになった。しかし先発する探査機が間もなく太陽系に到達し、その3年後には後続の探索機9機が到着する。三体艦隊はそれほど脅威ではないという甘い考えが人々の間に広がった。
そして、探査機を向かえ撃つために、2000隻余からなる太陽系艦隊が、楽勝ムードの中、海王星に向けて出撃した。

太陽系に到達したたった3.5メートルの水滴型をした探査機は、2000余隻の太陽系艦隊をまたたく間に殲滅させた。
それを知った人々は精神の崩壊をきたし、地球はカオスとなった。そして「水滴」は地球に向かっていく。
このあと完結篇の『死神永生』に続く。→人気ブログランキング

三体Ⅱ黒暗森林/劉慈欣/早川書房/2020年
三体/劉慈欣/早川書房/2019年

復活の日 小松左京

感染症による人類滅亡の危機、そしてそこからの復活という壮大なテーマに挑んだ歴史的な名著である。本作は、1964年、東京オリンピックの年に書き下ろし作品として発表された。1980年、深作欣二監督により映画化されている。

Photo_20200519082001


復活の日

小松左京
角川文庫
1975年 ✳︎10

地球を3種類の感染症が襲っている。
宇宙空間から採取した病原体からイギリスの研究所で作られた生物兵器MM-88が、アルプスの山中で起こった飛行機事故により撒き散らされた。強力な殺人能力をもつ病原体は恐ろしいスピードで世界に広がっていった。しかし、MM菌の存在を知る者は一部の研究者だけであり、その研究者すらもMM菌の病原体としての恐ろしさを知らなかった。

もうひとつは、動物に広がる感染症である。
4月の第1週、イタリアではネズミの大量死が、そして羊が突然死んだ。スイス、オーストリアの乳牛、オランダ、ドイツ、フランスをはじめ各地で家畜の奇妙な死が増え始めた。オーストラリアの羊、アメリカ南西部の乳牛、肉牛が死に、中国江蘇省ではあひるが死んだ。新種の家禽伝染病が日本の九州の養鶏場地帯に襲いかかった。

そして3番目は、潜伏期が異常に短いインフルエンザ(チベットかぜ)が流行しだした。ワクチンの製造には鶏卵が必要だが、鶏の大量死で思い通りには調達できない。全世界の防疫陣は、ワクチン製造を組織培養法に切り替え困難な戦いの準備を進めつつあった。

インフルエンザやニューカッスルのウイルスに、MM菌の核酸が重なりあうと、その効果は単独感染より著しく強くなる。同じことが普通のブドウ状球菌にも起こる。ブドウ状球菌にMM菌がくっつくと猛烈なスピードで増殖しだす。

日本ではチベットかぜが流行りはじめてから2か月しか経っていないというのに、すでに3000万人が罹患していた。都市部での死亡率は25%になっていた。
そして医師は疑う。ただのインフルエンザじゃない、他に原因がるのではないか。
死者が日本で1000万人を越えた。

世界の人口35億人のほとんどが死に絶えたが、氷に閉ざされた南極には各国から派遣された1万人の観測隊員がいた。この南極の人々が、人類復活に向けて動き出す。→人気ブログランキング

新型コロナVS中国14億人/浦上早苗/小学館新書/2020年
コロナの時代の僕ら/パオロ・ジョルダーノ/飯田亮介/早川書房/2020年
感染症の世界史/石井弘之/角川ソフィア文庫/2018年
H5N1 強毒性新型インフルエンザウイルス日本上陸のシナリオ/岡田晴恵/幻冬車文庫/2019年
隠されたパンデミック/岡田晴恵/幻冬舎文庫/2019年
ウイルスは生きている/中屋敷均/講談社現代新書/2016年
ナニワ・モンスター/海堂尊/新潮文庫/2014年
首都感染/高嶋哲夫/講談社文庫/2013年
復活の日/小松左京/角川文庫/1975年
ペスト/アルベール・カミュ/宮崎嶺雄/1969年

首都感染 高嶋哲夫

新型コロナウイルス禍に世界中が見舞われている今を見通していたかのような内容である。その著者の先見の明にはただただ驚嘆するばかりだ。
世界がインフルエンザのパンデミック・クライシスに陥るなか、日本は東京を封鎖するという前代未聞の政策により、最悪の事態を免れようとした。その政策断行の先頭に立つ政治家や諮問委員会のメンバー、そして医師や最前線の医療機関で奮闘する人びとを描いた力作である。
なお本書は2010年12月書き下ろし作品として出版されたものの文庫化である。

Photo_20200504132201
首都感染

高嶋哲夫
講談社文庫
2013年 ✳︎10

病原体は感染性と致死性が極めて高い新型インフルエンザ・ウイルスである。致死率は60%、サイトカイン・ストームを引き起こし、多臓器不全に陥り死に至る。感染症の専門家たちが、いずれH5N1型による高毒性の新型インフルエンザが猛威を振るうと予測していた矢先の出来事だった。

20✳︎✳︎年6月、北京でW杯サッカーが開かれており、世界のサッカーファンが北京に集まっている。中国チームは怒涛の勢いでイタリアとの決勝にまで進んでいる。
一方、中国雲南省で発生したインフルエンザにより、すでに10の村が全滅し、軍隊が出動し死体の処理を行っている。中国政府はW杯が終わるまで隠蔽しようとしたが、死者数の爆発的な増加により決勝戦を中止する決断に至った。

主人公の瀬戸崎優司は、WHOでインフルエンザの研究をしていたが、今は都内の黒木総合病院に勤務している内科医である。優司の父親は首相の瀬戸崎雄一郎、厚労大臣の高城は優司の元妻の父親である。優司の元妻・里美は現在もWHOに勤務している。さらに優司の同級生の黒木は医学部を卒業した後、基礎分野に進みインフルエンザ・ワクチンの研究をしている。優司の人脈は、インフルエンザを向かえ撃つ体制として万全である。
WHOに勤務していたとき優司はインフルエンザのパンデミックを想定した「都市封鎖」の論文を書いた。感染症対策のプロフェッショナルだ。

優司は新型インフルエンザ対策本部に招聘された。
中国政府が公表する前に、情報を掴んでいた日本は中国からの航空便の乗客を機内で検疫し、帰国後5日の間ホテルに缶詰とし、感染が疑われる人は入院させる方針をとった。
翌朝、新聞は政府が騒ぎすぎと書き立てる。また中国は日本の措置に遺憾の意を表明した。

北京から感染者が自国に帰っていく。案の定、各国でまたたく間に感染者と死者が爆発的に増加するなか、まだ日本では感染者が出ていない。
優司は空港閉鎖、新幹線などによる長距離の移動の禁止を進言した。
そうこうしているうちに、WHOは世界を震撼させる感染者数と死亡者数の発表を行った。
優司は東京封鎖という前代未聞の政策を提案する。→人気ブログランキング

新型コロナVS中国14億人/浦上早苗/小学館新書/2020年
コロナの時代の僕ら/パオロ・ジョルダーノ/飯田亮介/早川書房/2020年
感染症の世界史/石井弘之/角川ソフィア文庫/2018年
H5N1 強毒性新型インフルエンザウイルス日本上陸のシナリオ/岡田晴恵/幻冬車文庫/2019年
隠されたパンデミック/岡田晴恵/幻冬舎文庫/2019年
ウイルスは生きている/中屋敷均/講談社現代新書/2016年
ナニワ・モンスター/海堂尊/新潮文庫/2014年
首都感染/高嶋哲夫/講談社文庫/2013年
復活の日/小松左京/角川文庫/1975年
ペスト/アルベール・カミュ/宮崎嶺雄/1969年

アンダー・ザ・ドーム スティーヴン・キング

10月の晴れた日に、アメリカ・メイン州の人口2000人の小さな田舎町「チェスターズミル」が突然ドームに覆われた。町は徐々に「悪」に支配されていく。ドームは誰の仕業なのか。町はどうなるのか。男性優位の白人至上主義、暴力あり拷問あり殺人ありのキング・ワールドが展開される。文庫本4冊の長編。
本作は、2013年6月から2015年9月の間、39話がアメリカCBSテレビで放映された。

訓練中の飛行機やトラックや車がドームに激突し、乗っていた人々が即死したのは、ほんの序の口だった。

正義の象徴だった警察署長は、ドームに触れたことでペースメーカーが爆発し、あっけなく死んでしまった。
一方、町をわがものにしようと企んでいたビッグ・ジムは、早速ノータリンの副署長を操って、町のゴロツキ4名を特別警察として採用させた。その中にはビッグ・ジムの息子ジュニアも含まれていた。ジュニアは知り合いの娘2人を殺したばかりだった。

地方紙「デモクラット」を編集するジュリアの携帯電話が鳴り、電話の主はワシントンDCのコックス大佐だった。大統領は、チェスターズミルに戒厳令を発令し、イラク兵士だったコックのバービーを総司令官任命し、さらにドームに風穴をあけるためミサイルを発射すると伝えてきた。【1】

Photo_20200424142601 アンダー・ザ・ドーム【1】
スティーヴン・キング/
白石朗(Shiraishi Rou
文春文庫
2013年
2_20200424142601 アンダー・ザ・ドーム【2】
3 アンダー・ザ・ドーム【3】 4 アンダー・ザ・ドーム【4】

ビッグ・ジムはバービーの総司令官就任なぞ鼻にもかけない。ミサイル計画は当然失敗するものと確信している。ビッグ・ジムの予想通り2発のミサイルは火事を引き起こしただけだった。

ビッグ・ジムに放送局での麻薬製造を止めるように直訴した牧師と、公金の不正流用と麻薬販売の証拠を突きつけた警察署長夫人は、あっさり殺されてしまう。
さらに、医師助手のラスティは、病院や学校その他から盗まれたプロパンガスボンベの返還を求めたが、軽くあしらわれた。

ビッグ・ジムは食料を配給制にしようとスーパーマーケットを閉鎖するが、押しかけた町民は暴徒と化し掠奪行為に走った。バービーとラスティが騒動でケガをした町民の手当てにあたっていると、特別警察官がバービーを4人の殺人容疑で逮捕し、警察署地下の拘置所に収監してしまう。【2】

新聞社が放火された。ビッグ・ジムの策略でバービー支援者による仕業と仕組まれた。

ビッグ・ジムはドームを愛していた。盗んだプロパンガスを各家庭にすべて配り終わり、麻薬工場の設備を破壊して倉庫に火をつけ、犯行をバービーの仲間のせいにしてバービーを裁判にかけ、警察隊の銃殺刑に処すまでは、ドームが存在し続けて欲しいとビッグ・ジムは願う。

ブラックリッジ山に向かったラスティたちは、山頂に近いところでドーム発現装置と思われる金属の板状のものを発見したが、それはビクとも動かなかった。

ビッグ・ジムは不整脈を起こし病院に駆け込み、ジュニアは脳腫瘍でふらふらになって病院に運び込まれた。
ラスティはビッグ・ジムに不整脈の治療と引き換えに、町政委員の座を退くように迫るが、バスルームに二人の特別警官が潜んでいた。ラスティは殺人未遂および公務執行妨害その他で拘置所にぶち込まれた。【3】

ドームに覆われてからまだ1週間も経っていないというのに、空気はひたすら汚染され、食料をはじめとする物資がどんどんなくなっていく。そんな中、町民の自殺が相次いだ。

正義を貫こうとして解雇された警察官たちは、町民総会が開かれている間に、バービーとラスティを拘置所から奪還する計画を立てた。

町民総会でのビッグ・ジムの演説が始まる。秘密の実験のためバービーがドームを仕掛け、麻薬の製造を行い、という話がスピーカーを通じて流れた。 町政委員のひとりが反対意見を述べたが、特別警察官によって射殺された。

病院を抜け出し警察署の地下にたどり着いたジュニアは、バービーめがけて発砲するが、脳腫瘍のせいで片目が見えず朦朧としているため狙いが外れる。 駆けつけた元警察官によりジュニアは射殺され、バービーとラスティは晴れて自由も身となった。そしてブラックリッジ山を目指した。

町政委員長のアンディは妻と娘を亡くし自暴自棄になっていた。プロパンガスのボンベを隠してあるラジオ局に立てこもったアンディと、同じく妻を亡くしたブッシーはマリファナを吸引しハイになり、神の啓示を受けたと騒いだ。
ビッグ・ジムは警官隊にラジオ局の襲撃を命じ銃撃戦がはじまった。
アンディとブッシーは警察官をマシンガンでむかえた。そして警察隊が撃った弾丸がプロパンガスに引火し、600本のプロパンガスボンベが次々に爆発する大惨事に発展した。想像を絶する爆発力で町全体を炎が襲った。火の手は町の中心に達し、メインストリートに沿って広がっていく。外からみると、まるでドームの内側で核爆発が起こったよう見えた。
ドーム内は爆風が吹いた。炎に酸素を供給するための風だ。町中の多くの人々が爆発で命を落とした。

ドーム内の酸素が尽きかけている。ジュリアとバービーはなんとかブラックリッジ山の発生装置にたどり着こうとしている。そして結末をむかえる。【4】→人気ブログランキング

ファインダー・キーパーズ
ミスター・メルセデス
ジョイランド
11/22/63
死の舞踏 /ちくま文庫/2017年
アンダー・ザ・ドーム1~4/文春文庫
ダークタワー IV1/2 鍵穴を吹き抜ける風
ダークタワー IV 魔道師と水晶球 下
ダークタワー IV 魔道師と水晶球 上
ダークタワー III 荒地 下
ダークタワー III 荒地 上
ダークタワー Ⅱ 運命の3人 下
ダークタワー Ⅱ 運命の3人 上
ダークタワーⅠガンスリンガー
書くことについて
ミザリー
キャリー キャリーDVD
幸運の25セント硬貨
ビッグ・ドライバー
1922
第四解剖室
神々のワード・プロセッサ
夕暮れを過ぎて
いかしたバンドのいる街で
スタンド・バイ・ミー(DVD)
ジェラルドのゲーム
ドランのキャデラック
深夜勤務(ナイトシフト1)

ワン・モア・ヌーク 藤井太洋

オリンピックを控えた東京を舞台に、テロリストと政府機関・警察との核爆弾をめぐる攻防を描いたサスペンス。テロリストと対峙するのは、福島原発事故の資料分析チーム、そして警視庁公安部である。
物語のクライマックスである核爆発が、近未来(2020年3月11日)に設定されているので、スリリングで臨場感がある。
福島の原発事故では、行政が確固とした方針や正確なデータを発表しなかったことが、風評被害や事実誤認を招いた。そして、未だにその影を引きずって苦しめられている人びとがいる。さらに事故と直接関係のなかった一般の人々には、「事故を正しく理解しなかった」罪が突きつけられている。
Image_20201114204701ワン・モア・ヌーク

藤井 太洋 (Taiyo Fujii )
新潮文庫 2020年

原発反対のデモに参加した中国ウイグル地区出身の女が逮捕され、主人公・但馬樹(たじまいつき)が身元引き受け人になった。女は中国の核実験により父母と兄を亡くした。自らも母親の胎内で被曝しており、今は末期癌でモルヒネを常用している。
東日本大震災で故郷を追われた幼馴染が、除染がすすみ帰宅が許される状況になったものの自殺してしまった。福島県出身の但馬はそのことを悔やんでいる。

東京のど真ん中で犠牲者の出ない小規模の核爆発を起こせば、政府はどう対応するだろうか。政府は、少しでも早く人びとが安全に暮らせる東京を取り戻すために、フルスピードで除染を行い、データを開示し風評被害が起こらないように全力を傾けるだろう。それがウイグル人の女が望むことであり但馬の望むことなのだ。

ハンドメイドの核爆弾は世界中のテロリストが求めてやまない夢だ。但馬は3Dプリンターを駆使して、手作りで長崎型原子爆弾を作ってしまった。但馬は頭脳と美貌を備えたアパレル会社の女性実業家だ。
プルトニウムは、イスラム国の大量破壊兵器開発を担当していた核物理学者のイブラヒムが持ち込んだ。

但馬は濃縮率20%のプルトニウムを使用するつもりでいたが、イブラヒムは70%のプルトニウムを持ち込んだ。20%であれば爆発の被害は環状7号内にとどまるが、70%であれば、東京都全体が焼け野原になり3000万人が死亡する。
但馬は起爆装置が作動しないように細工を施し、イブラヒムは濃縮率を偽った。
それぞれの思惑が交差するなか、千駄ヶ谷の東京新国立競技場に、3月11日0時に爆発する核爆弾がセットされる。

核爆弾のもつ恐怖や悲惨さという暗いイメージにもかかわらず、未来に希望を託すことができる読後感に導いてくれる作品だ。→人気ブログランキング

機功のイブ 帝都浪漫篇 乾 緑郎

本書は、『機巧のイブ』『機巧のイブ 世界覚醒篇』に続くシリーズ第3弾である。本シリーズは、SFのスティーム・パンクに属する。スティーム・パンクとは、蒸気機関車が発達していく時代を背景としたSFやファンタジー作品のこと。イギリスでいえばビクトリア朝時代、日本でいえば明治から大正期、つまり近代化が推し進められていく頃の世界観の中で描かれる作品をいう。SFのサブカテゴリーである。
前作から25年が経過した1918年の日下國(日本)の天府(東京)と、1927年の如州・新天特別市(満州国新京特別市)が舞台となる。
Photo_20201117141201機巧のイヴ 帝都浪漫篇
乾 緑郎
新潮文庫
2020年

17歳のナオミは天府女子高等学校の5年生、良家の娘らしく人力車に乗って上品に登校した。同じく5年生の轟伊武は自転車で颯爽と登校するが、ブレーキが効かなくて、ナオミの車夫に受け止められるというドタバタの場面から物語は始まる。
伊武の養父・轟八十吉は立志伝中の人物である。新大陸から帰国後工務店を立ち上げ、成功を収めた実業家だ。護身術である馬離衝の師範であり、「国際バツリ協会」の総裁を務めている。

一方、ブロンドで碧眼のナオミはフェル電気商会の令嬢である。ナオミの母親のマグリット・フェルは、日下國にフェル電気産業の現地法人を設立して移住してから25年が経っている。男性機巧人形である仁左衛門を買い取り、さらに幕府精錬方手伝の拝領屋敷方も買い取り、そこで暮らしている。結婚してナオミを生んだが、夫は出て行った。

ナオミは画家の姫野清児(モデルは東郷青児)に熱を上げていて、姫野が滞在する猫地蔵坂ホテルに行き、そこで林田に出会う。林田は特高がマークするジャーナリストである。林田の父親は、前作のゴダム(シカゴ)万博に絡む事件で人殺しの罪を着せられて、電気椅子による死刑になった日向丈一郎である。

伊武とナオミが学校から禁止されているカフェに出入りしたり、喧嘩をしたり、伊武が姫野の裸婦モデルになったり、ナオミが汁粉屋でアルバイトをしたりで物語は進む。帝都を襲った大震災(関東大震災)から物語は大きく動き出す。

場面は1927年の如州・新天特別市に変わり、女優・張桜香は鯨の絵が書かれた腰掛けらしき箱だけを大事そうに抱えてアパートに引っ越してきた。
如洲電影協会の理事長として憲兵出身の遊佐泰三が現れてから、事は不穏な方向に進みだす。

『機巧のイブ』3部作の完結編であるが、解き明かされない謎があり、続篇が期待できそうな余韻がある。→人気ブログランキング

ねなしぐさ平賀源内の殺人/宝島社/2020年
機功のイブ 帝都浪漫篇/新潮文庫/2020年
機巧のイヴ 新世界覚醒篇/新潮文庫/2018年
悪党町奴夢散際/幻冬社時代/小説文庫/2018年
機巧のイブ/新潮文庫/2017年
塞の巫女 甲州忍び秘伝/朝日文庫/2014年

 

機巧のイヴ 新世界覚醒篇 乾 緑郎

スティーム・パンクSFの大傑作。
前作『機巧のイブ』から100年後、万国博覧会開催を1年後に控えた新世界大陸の大都市ゴダム(シカゴ)が舞台。日下國(日本)のパビリオンは、天府(江戸)に建てられていた妓楼・十三層が解体され移築されたもの。目玉の展示物は機功人形の伊武だが、修繕がされてこなかったため眠ったままである。
それが、万博で働く見習い工・八十吉の伊武に対する純愛によって、伊武は100年の眠りから目覚めた。八十吉は護身術である馬離衝(バツリ)を心得ている。
Sinsekaikakuseihen機巧のイヴ 新世界覚醒篇
乾 緑郎
新潮文庫
2018年

万博運営委員会の理事長のゴーラムは人形偏愛症で、〈スリーパー〉という名の寝たきりの人形を妻として大事に扱ってきた。フェル電気社主の発明家フェル女史は、自社が供給する直流電気が万博で採用されることを画策している。

日向丈一郎はかつて所属していた警備会社から、伊武と図譜を盗み出す依頼を受けている。日向は日下國館から伊武を拉致し、自ら宿泊するホテルに連れて行った。
ホテルの所有者マードックは妻を殺した殺人鬼である。マードックは、日向の留守中に伊武を地下室に連れ込み、胸から恥骨までを縦に切り開いた。人形に興味のないマードックは、伊武を5000ドルでフェル女史に売ってしまう。
フェル女史は伊武をゴーラムの館に連れて行った。ゴーラムは伊武を一目見るなり心を奪われてしまう。

フェル女史は伊武のような機巧人形を作ることができないかと、図譜を読み解き、釘宮久蔵や田坂甚内の技術を習得しようとする。自らの電気会社の電力が、万博で不採用となったゴーラムへの仕返しも込めて、フェル女史は伊武を日下國に返してやることにした。伊武がいつも大切にしている鯨の絵が書かれた腰掛けらしき箱と一緒に。。

そして、万博が開催される。
万博の目玉は75メートルの大観覧車だ。大観覧車には予定通り大統領が乗り、ゴーラムは嫌がる伊武を強引にゴンドラに乗せた。
伊武を救うために、八十吉は回り出した観覧車の中心から伸びるアームにしがみつく。果たして八十吉は伊武を救い出せるのか。→人気ブログランキング

ねなしぐさ平賀源内の殺人/宝島社/2020年
機功のイブ 帝都浪漫篇/新潮文庫/2020年
機巧のイヴ 新世界覚醒篇/新潮文庫/2018年
悪党町奴夢散際/幻冬社時代/小説文庫/2018年
機巧のイブ/新潮文庫/2017年
塞の巫女 甲州忍び秘伝/朝日文庫/2014年

 

より以前の記事一覧

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ